Digital Twin 生産シミュレーションソフトウェア Siemens Plant Simulation

シミュレーションソフトウェアを使用することで、物・人の流れをシミュレーションし、工場のKPIを見える化・最適化することができます。
世界中の工場の生産設備から、特定のラインまで、あらゆる種類の工場計画に柔軟に対応し、生産性の向上、設備・人の稼働率向上、ボトルネックの発見と改善、在庫の削減を実現します。
シミュレーションプランを実際の工場の物流に反映させ、仮説と結果を比較し続けることで最も効率の良い工場の物流プロセスに改善し続けることが可能です。

Digital Twin とは

デジタルツインは、現場の物理上の情報をほぼリアルタイムでデジタル上に送り、デジタル上で現場環境を再現することを言います。
デジタルツイン技術を活用することにより、現場の監視や予知保全はもちろんのこと、新しい機器の導入、工場ラインの新設時、工程の変化などの様々な状況をシミュレートし最適な導入計画を立てることができます。
さらに物理上の情報をリアルタイムに取得することで、デジタル上の予測精度は向上していき、常に生産現場の効率化は進みます。
シーメンスの製造業用ソフトウェアは40年以上前から世界で選ばれ続けています。
その間常に時代に合った機能がアップデートされているため、あらゆる種類の工場やケースがシステムに搭載されています。

Plant Simulationの特徴

01 複雑な生産システムおよび生産管理計画のシミュレーション

変種変量の生産でも事前にシミュレーションプランを組むことで、様々なロスを削減することができます。
また、ライン工程だけでなくセル工程の場合でもシミュレーションの効果を発揮します。

02 プログラミング知識不要で工場モデルの作成が可能

標準搭載されているモデルのライブラリを用いて生産工程のモデルを簡単に作成。
Plant SimulationのUIはWindowsの規格に準拠しているため違和感なく操作をすることが可能です。

03 自動最適化※

PlantSimulationの遺伝的アルゴリズムにより、最適化を自動的に行います。
また、スループット、在庫管理、リソース活用、納期などの複数の制約条件を考慮したパラメーターを作成することが可能です。
※オプションプラン

04 シミュレーション結果の分析

ボトルネック自動解析、物流同線ダイアグラム、ガントチャートなどの分析ツールが搭載されています。

05 3Dビジュアライゼーション

シミュレーションは2D画像だけでなく、より現場に近い3D画像表示も用意されています。
この3Dモデルにより、
・社内外での議論でのわかりやすいプラットフォーム
・管理プレゼンテーション
・お客様へのデモンストレーション
などの用途に活用でき、社内外すべてのコミュニケーションを円滑に進められます。

06 運用にむけた伴走サポート(有償サービス)

工場のモデル化実装や社内で円滑に運用していくためのハンズオンセミナーなどを弊社のエンジニアがサポートいたします。

Plant Simulationの操作例

工程モデルの作成

Modelの新規作成で作成を進められます。

物流の作成

AGVのルートを作成できます。

工程の設定

その工程での処理時間や故障頻度、歩留まりなどを個々に設定できます。

シミュレーション

それぞれの工程情報や機械や人の動きを入力すると工場の動きが見えるようになります。

カレンダー機能

カレンダーを用いると休憩時間や操業時間に合わせて生産シミュレーションができます。

デジタルツイン生産工程最適化サービス

Plant Simulationを活用した、デジタルツイン実現のためのサービスをご用意しております。

 

デジタルツイン工程最適化サービスのバナー

お問い合わせ

 

 

▼ 無料トライアルはこちらから ▼

※シーメンス株式会社のWEBサイトに遷移します。