導入計画策定

工場の状態と課題を把握し、投資対効果が高いところから段階的に構築していくことで、

スマートファクトリーは実現します。

 

全体を俯瞰し、計画を組み、1つずつステップをふんで導入を進めること。

つまり、最初のステップ「導入計画策定」がもっとも大事なのです。

POINT
課題や対象項目を整理し、優先順位をつけてすすめる”計画”が大事です。

導入計画策定サービスフロー

「生産・製造技術(OT)」「情報技術(IT)」両方の知見をふまえたメンバーが、

理想の状態を理解したうえで構造設計やシステムの要件定義を行い、導入計画を策定します。

 

01 スマートファクトリー構想策定

目的、目標の明確化


経営戦略に基づいた発展性/拡張性を考慮

下矢印
02 対象の確定、体制の構築

内容、対象範囲、レベルの明確化

責任、役割の明確化


製造業に特化した豊富な導入実績を元に構築

下矢印
03 実現可能性の検討

技術面・運用面における実現性と、データ収集可否を検討


各分野の経験豊富なスペシャリストが遂行

実在するデータを取得・解析

実行可能な計画を策定

下矢印
04 要件定義

システムの要件策定

 機能要件/非機能要件/品質要件/運用要件


OTを理解した上でITとの融合を考慮した要件定義を実施

下矢印
05 計画策定

概要設計

実施計画策定


中立的な立場で最適な製品・サービス・リソースを選定

下矢印
06 計画書をご納品

○○様スマートファクトリー導入計画書


計画書は、企業にとっての戦略の軸となります

POINT
こだわりは、OT↔ITが最適化されたスマートファクトリーの実現です。