CSR情報

CSR方針

私たちは、
「新しい技術を提供し、情報産業の発展に貢献します。」
「社会の一員として正々堂々とした企業経営を行います。」
「企業活動を通じて地球環境の保全に配慮します」
これがマクニカグループの社会に対する経営姿勢です。

当社グループの独自の技術力・開発力そして社員一人ひとりの力で時代を牽引する
ソリューションを、世界中のあらゆる企業に提供し、
共に進化することこそ、当社グループの存在意義であると信じます。

当社グループは、これらの企業活動を通じて、持続可能な社会の創造に向け、
高い倫理観をもって社会的責任を果たしていきます。

私たちは、
「新しい技術を提供し、情報産業の発展に貢献します。」
「社会の一員として正々堂々とした企業経営を行います。」
「企業活動を通じて地球環境の保全に配慮します」
これがマクニカグループの社会に対する経営姿勢です。

当社グループの独自の技術力・開発力そして社員一人ひとりの力で時代を牽引する
ソリューションを、世界中のあらゆる企業に提供し、
共に進化することこそ、当社グループの存在意義であると信じます。

当社グループは、これらの企業活動を通じて、持続可能な社会の創造に向け、
高い倫理観をもって社会的責任を果たしていきます。

行動憲章

当社グループは、公正な競争を通じて付加価値を創出し、雇用を生み出す等経済社会の発展を担うとともに、広く社会にとって有用な存在でなければならない。そのため当社グループは、あらゆる企業活動を通じて、国の内外において、人権を尊重し、関係法令、国際ルール及びその精神を遵守しつつ、持続可能な社会の創造に向けて、高い倫理観をもって社会的責任を果たしていく。

  1. 企業活動にあたり、適用ある全ての法令諸規則の把握・理解に努め、これらを遵守する。社内ルールを遵守し、適正かつ効率的な業務運営を行う。
  2. 社会的に有用で安全な商品・サービスを開発、提供し、消費者・顧客の満足と信頼を獲得する。
  3. 企業活動における公正な取引慣行を尊重し、公正、透明、自由な競争並びに適正な取引を行う。また、贈答・接待においては、法令に違反することなく、商慣習及び社会通念上妥当な範囲内で行う。グループ会社間の協力・取引においては、客観的・合理的な行動をとり、常にグループ全体の健全性を図る。
  4. 政治、行政に対しては、常に透明性のある健全かつ正常な関係を保つ。違法な献金・寄付等の利益供与、贈賄は行わない。
  5. 株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示する。インサイダー取引規制に違反する行為は行わない。
  6. 企業活動にあたり、知的財産の重要性及び情報の守秘義務を認識するとともに、個人情報・顧客情報をはじめとする各種情報の保護・管理を徹底する。
  7. 従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現する。
  8. 環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件として、主体的に行動する。
  9. 「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行う。
  10. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは断固として対決し、関係遮断を徹底する。
  11. 企業活動のグローバル化に対応し、各国・地域の法律の遵守、人権を含む各種の国際規範の尊重はもとより文化や慣習、ステークホルダーの関心に配慮した経営を行い、当該国・地域の経済社会の発展に貢献する。
  12. 本憲章に反するような事態が発生したときには、社長自らが問題解決にあたる姿勢を内外に明らかにし、原因究明、再発防止に努める。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行う。組織的又は個人的な法令違反行為等に関する相談、または通報の適正な処理の仕組みを定め、不正行為等の早期発見と是正を図り、コンプライアンス経営を推進する。

環境について

環境理念

マクニカグループは、地球環境の保全を企業の果たすべき社会的責任と受け止め、企業活動を通じて地球環境の保全に配慮し行動する。

環境基本方針

マクニカグループは、「エレクトロニクスや情報通信の分野で、未来を見据え最先端の革新的な技術を発掘し世に送り出すことで、豊かな社会と生活の形成を支援する」事を事業意義として掲げ活動している。この「豊かな社会と生活」づくりには、環境問題への対応も不可欠との認識に立ち、継続的に環境影響の低減を図るために、以下の環境マネジメント活動を推進する。

  1. 環境マネジメントシステムの構築 環境マネジメントシステムを構築し、環境への影響を考慮した継続的な改善に努める。
  2. 環境関連法規の遵守 環境関連法規制・条例ならびにその他の要請事項を遵守する。
  3. 環境影響の低減 企業活動を通じて生じる環境への影響を低減するために、省資源・省エネルギー、リサイクル、廃棄物の削減を推進し環境保全に努める。また、有害な化学物質や廃棄物などによる自然環境汚染の予防、および生物多様性損失防止に努める。
  4. 環境目的・目標の設定および見直し この環境方針を達成するため、環境目的・目標を設定し、また定期的に見直し必要に応じて改定する。
  5. 社内への教育・啓蒙 社内広報活動を通じて、すべての社員が環境理念と方針の理解と推進を心掛けるよう、意識の向上を図る。
  6. 外部への公表 この環境方針は、一般の方も入手できるよう公表する。

株式会社マクニカ
代表取締役会長 中島潔
2008年7月1日制定
2019年6月25日改定

ISO14001認証について

株式会社マクニカは、環境マネジメントシステムの適合性評価制度であるISO 14001:2015/JIS Q 14001:2015の認証を認証登録機関一般財団法人日本品質保証機構(JQA)から取得しています。

認証内容

登録事業者

株式会社マクニカ
ロジスティックス/プログラミングセンター

登録証番号

JQA-EM3000

登録活動範囲
  1. 株式会社マクニカ、マクニカネットワークス株式会社、マクニカソリューションズ株式会社、富士エレクトロニクス株式会社の商品の入出庫、在庫管理

  2. 集積回路(PLD、ROM等)の書込サービス業務

初回登録日

2003年2月21日

登録更新日

2017年8月12日

改訂日

2019年8月2日

有効期限

2020年8月11日

認証登録機関

一般財団法人日本品質保証機構(JQA)

iso 14001 JAB CM009の画像
iso 14001 091の画像

品質方針

「私たちは、お客様のニーズと期待に応えられる良い商品と良いサービスを提供することで、お客様に貢献します。」「私たちは、お客様に必要な情報を正確かつタイムリーに提供することで、お客様の信頼に応えます。」

株式会社マクニカ
代表取締役会長 中島潔
2008年7月1日制定
2019年6月25日改定

ISO9001認証について

株式会社マクニカは、品質マネジメントシステムの適合性評価制度であるISO 9001:2015/JIS Q 9001:2015の認証を認証登録機関一般財団法人日本品質機構(JQA)から取得しています。

認証内容

登録事業者

株式会社マクニカ

登録証番号

JQA-QMA12324

登録活動範囲
  1. 半導体、電子部品及びソフトウェア等の仕入・販売業務

  2. カスタム系半導体、電子部品、電子機器及びソフトウェア等の設計・開発業務及び製造委託

  3. 集積回路(PLD、ROM等)の書込サービス業務

  4. 株式会社マクニカ、マクニカネットワークス株式会社、マクニカソリューションズ株式会社、富士エレクトロニクス株式会社の商品の入出庫、在庫管理

関連事業所
  1. 株式会社マクニカ本社:
     神奈川県横浜市港北区新横浜1-6-3
     神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5

    [活動範囲:登録事業所の活動範囲①及び②に同じ]

    アルティマカンパニー新横浜オフィス:神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-12
    大阪オフィス:大阪府大阪市北区中之島2-3-33
    品川オフィス:東京都港区港南1-8-23
    名古屋オフィス:愛知県名古屋市西区名駅2-27-8
    宇都宮オフィス:栃木県宇都宮市駅前通り1-3-1
    福岡オフィス:福岡県福岡市博多区博多駅前2-20-1
    松本オフィス:長野県松本市深志2-5-26
    水戸オフィス:茨城県水戸市城南2-1-20
    上田オフィス:長野県上田市天神4-17-8

    [活動範囲:登録事業所の活動範囲①に同じ]

  2. ロジスティックス/プログラミングセンター:
     神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-11

    [活動範囲:登録事業所の活動範囲③及び④に同じ]

初回登録日

2005年8月12日

登録更新日

2017年8月12日

改訂日

2019年8月2日

有効期限

2020年8月11日

認証登録機関

一般財団法人日本品質保証機構(JQA)

iso 9001 JAB CM009の画像
iso 9001 091の画像

反社会的勢力について

反社会的勢力に対する基本方針

株式会社マクニカ及びグループ会社(以下、当社といいます)は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは断固として対決し、関係遮断を徹底するため、以下の基本方針を定めます。
※グループ会社(マクニカネットワークス株式会社、その他の関係会社)

  1. 当社は、反社会的勢力との関係を一切持ちません。
  2. 当社は、反社会的勢力による被害を防止するために、警察・弁護士等の外部専門機関と連携し、組織的かつ適正に対応します。
  3. 当社は、反社会的勢力による不当要求には一切応じず、民事・刑事の両面から法的対応を行います。
  4. 当社は、反社会的勢力への資金提供や裏取引には一切応じません。
  5. 当社は、反社会的勢力の不当要求に対応する役職員の安全を確保します。