ITD Labについて

ITD Labは「立体画像認識技術を用いて世界の安全と幸せの向上に貢献する」ことを経営理念とし設立された会社です。ステレオカメラ研究の第一人者でもある東京工業大学実吉准教授の開発した技術を基盤として、幅広い分野に安全を提供することを目的としています。

ISC(Intelligent Stereo Camera)シリーズ

ISCはリアルタイムに3D測距・計測・物体検知を 実現する新型ステレオカメラです。2つのカメラと高性能PCを組み合わせて実現する従来のシステムとは異なり、対象物との距離情報をカメラ本体内で計算し、かつカラー化した測距イメージをリアルタイムで計算/出力できるシステムです。したがって後処理は、軽微な組み込みコンピューターでも実現することができます。大幅な軽量化を実現し、自動車や建機、ロボットはもちろんドローンにも搭載することができるなど、様々な分野での応用が可能です。さらに自動調整機能や自動校正機能を備えており、広い環境対応力と経年劣化にも逐次適応し、最適な精度を保つことができます。

特徴

  • 優れたリアルタイム性/最大160fpsの高速処理
  • 経時変化を吸収する/高速自動調整機能
  • 自動走行の道標/自己位置認識機能
  • 画像-点群マッチングが容易/SAD方式採用
  • SRIM技術搭載
  • 3D距離情報+2D生画像/ハイブリッド物体検知ソリューション

ぶつからない世界を実現するSRIM(Stereo Range Imager)テクノロジー

様々な分野での自動運転を支えるインテリジェントデバイスとして、ステレオカメラ技術を用いた超高速3次元距離測定システムです。ステレオカメラを備えたSRIMテクノロジーにより、瞬時に障害物を検知し、重大事故を未然に防ぐ手助けをします。ステレオカメラ方式では、人の目と同様に物体を認識し、高速・高精度で物体の位置や形状、相対速度を検出できます。カメラ画像のPixel毎に距離データ情報を持っているため、少ないリソースでも高度なディープラーニングが可能です。

 

ISC(Intelligent Stereo Camera)の優位性

高速物体認識機能、自動調整機能、自己位置認識機能を持った独自開発のSRIMテクノロジーを搭載することにより、他社ステレオカメラを圧倒する性能を実現します。

製品仕様

想定ユースケース

紹介ムービー

 

製品資料を提供しておりますので、以下よりダウンロード下さい。また、その他ご不明点やご質問につきましても、以下よりお問い合わせ下さい。