道路を走行するモビリティとデータの数列

aptpodについて

aptpodの黒いロゴマーク

aptpod(アプトポッド)は産業IoTにおけるファストデータ(高速時系列データ)のスペシャリストとして、IoT/M2Mにおけるセンサー・ハードウェア技術、クラウド技術、およびグラフィカルなユーザーインターフェイス技術まで、ワンストップのテクノロジーを有するIoTソフトウェア/サービス企業です。産業シーンにおける高速で大量なデータの収集、伝送、高度なリアルタイム処理、イベント処理を実現する包括的なフレームワークを提供しています。

製品紹介

aptpodの提供するintdashでは自動車やロボット・産業機械や制御・可視化アプリケーションなど、短期間に大量のデータを発生させるデバイスをモバイル網やインターネット網を経由して相互にライブ接続することができます。intdashを流れるストリーミングデータはそのまま時系列データストアに保存され、Visual M2Mでの可視化やAnalytics Servicesでの計算処理や機械学習に利用することができます。

intdash

intdashは、高頻度で発生する時系列データをモバイル網などを介して、高速・大容量かつ安定的にストリーミングするための双方向データ伝送プラットフォームです。intdashを流れるストリーミングデータはそのまま時系列データストアに保存され、リアルタイムでの可視化や機械学習に利用することができます。

双方向にデータ伝送をするintdash

1. 大容量データのリアルタイム伝送

  • 大量の時系列データを伝送するための独自プロトコルiSCP(indatsh Streaming Control Protocol)を開発 ※特許取得
  • 秒間数千〜数万のセンサーデータ、動画や音声といったメディアデータなどをフュージョンデータとしてモバイル網/インターネット経由で低遅延伝送
  • サーバ中継型の遠隔制御、遠隔監視、遠隔診断、遠隔計測などを実現

2. 高いスケーラビリティ

  • マイクロサービス化により柔軟なデプロイメントを実現し、データ特性や運用規模に合わせて構成を変更することでリニアにスケールアウトが可能
  • 大量の時系列データの読み書きに耐えうる高速負荷分散処理を自社開発ミドルウェアによって実現
  • 秒間数十万点のデータの収集や伝送、数千台規模の同時アクセス大規模運用に対応可能

3. データ分析処理、機械学習パイプライン

  • リアルタイムデータまたは蓄積されたデータに対する科学技術計算処理や変換処理の適用
  • 機械学習・AI開発における学習データ収集、教師データ準備、モデル開発から運用までのパイプライン構築が可能

Visual M2M Data Visualizer

intdashのデータパイプライン上を流れるリアルタイムストリーミングや、プラットフォーム上に蓄積された過去の計測データなど、様々な時系列データを多彩に可視化するWebベースのダッシュボードアプリケーションです。ドラッグ&ドロップの直感的な操作により、ユーザ自身が簡単な操作で自由にダッシュボードを構成することができます。

様々なデータを可視化したの複数のダッシュボード画面

デモンストレーション動画

EDGEPLANT

EDGEPLANTは、産業DXに不可欠な、AI/IoTにおける高度で堅牢なエッジコンピューティング環境を提供するハードウェアブランドです。

EDGEPLANT T1

黒い筐体のEDGEPLANT T1製品

EDGEPLANT T1は、GPUを搭載した高性能なエッジコンピュータで、AI実行環境、ビデオ処理をはじめとしたGPUエッジコンピューティングを実現します。また、SIMスロット、GPSモジュールなど、高度なIoT端末としての機能を備えています。

1. オールインワン設計
2. 産業用途に配慮した設計
3. ビデオデータ処理性能
4. 車載対応
5. 用途に応じたエッジコンピューティングシステムを構築

ラックに組込まれたEDGEPLANT T1

ラックへの組込み例

4台のカメラと接続したEDGEPLANT T1

複数カメラの接続例

EDGEPLANT周辺機器

EDGEPLANT T1と組み合わせモビリティ機器からのデータ収集を簡単に実現できる周辺機器を用意しています。

EDGEPLANT CAN-USB Interface

CAN、J1939などの制御信号を取得するためのインターフェイスデバイスです。

・分岐線を使用して同時に2チャンネルのCANバスに接続可能
・CANデータに対する高精度なハードウェアタイムスタンピングが可能
・クロックの共有機構により、複数のCAN-USB Interface間のタイムスタンプを同期
・外部計測装置などへの同期信号の出力が可能

EDGEPLANT CAN-USB Interfaceの正面
EDGEPLANT CAN-USB Interfaceの側面
EDGEPLANT ANALOG-USB Interface

アナログセンサーに接続し、制御信号を取得するためのインターフェイスデバイスです。

・16ビット精度8チャンネルのガルバニック絶縁型アナログ入力と、12ビット精度1チャンネルのアナログ出力
・選択可能な入力電圧レンジ:0V~+5V、-10V~+10V、 -5V~+5V
・Windows / Linux用のソフトウェアAPIを順次提供予定

EDGEPLANT ANALOG-USB Interfaceの正面
EDGEPLANT ANALOG-USB Interfaceの背面

資料ダウンロード

EDGEPLANTに関する資料はこちらよりダウンロード下さい。製品の特長や仕様などの詳細情報をご案内しております。

お問い合わせ

aptpod製品に関するご質問やご不明点などございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。