自動運転に搭載されているInnovizのLiDAR

Innoviz Technologyについて

Innovizロゴ

Innovizは自動車、ドローン、ロボット、マッピングなどの産業にビジョンをもたらす高性能なソリッドステートLiDARセンサーと知覚ソフトウェアの大手メーカーです。InnovizはMagna International、Samsung、Aptiv、SoftBank Ventures Asia、New Alliance Capital、などの一流の戦略的パートナーや投資家から支援を受けています。また主力製品のInnovizOneの高いテクノロジーを評価され、Innoviz社は2019年の CESで “Best of Innovation”賞を獲得しました。

LiDARソリューション

InnovizOne™

InnovizOne製品
InnovizOne製品

メインプロダクツであるInnovizOne™は最先端の車載グレードLiDARセンサーで、自動運転レベル3~5の優れた3D認識機能を提供します。堅牢で信頼性が高く、機能安全を実現する、費用対効果が高いLiDARです。軽量で消費電力が少なく、太陽光や悪天候に強いパフォーマンスを発揮します。

InnovizOneの3D点群データ

比類ない角度分解能により250m先の物体も検出し、高フレームレートで高解像度かつ高精度の緻密な3D点群データを作成します。また、LiDARの生点群データを高度な知覚情報に変換し、優れた物体の検出・判別・追跡、障害物の検出・追跡、自己位置特定、LiDARキャリブレーションを実現します。

業界最高水準の基礎性能

InnovizOneはLiDARの性能で最も重要である検知距離、FOV、分解能が高水準でまとまった製品です。隣接するピクセルを合成し感度を上げるピクセル加算技法や関心領域にフォーカスすることで測距距離を延ばすROIの技術で最大250mまで測距可能です。 FOVも115°×25°を実現し、前方の測距センサーとして十分な範囲を確保できます。 また0.1×0.1の角度分解能性能で遠距離の物体検出などに必要な点群数を確保する事ができます。

InnovizOneの主な性能指標と特徴

MEMS方式による信頼性の高い小型軽量モデル

InnovizOneはソリッドステート構造のLiDARとして、MEMS方式(Micro Electro Mechanical Systems)を採用しています。「微小電気機械システム」を使用してミラーを動かすことで、モーターや回転構造が内部に不要となるため、壊れにくく、レーザー照射が安定し、かつ広範囲のスキャンを両立できるシステムとして成立しています。さらに外部振動による影響を最小限に抑えるとともに、筐体の小型化や軽量化、そして低価格を実現しています。

自動車業界の安全水準を満たす独自設計

Innovizは自動車業界において重要な安全性、品質、性能を満たすために、ISO9001:2015とIATF16949の自動車グレードの認証を取得しています。また、機能安全ではISO 26262に準拠予定、ソフトウェア開発においてもASPICEの能力レベルに準拠しています。

規制コンプライアンス

機能安全 ISO 26262(予定)、ASIL B( D)、EN 60950-1 + 米国個別要求事項、IEC 60825-1
EMC EN 55024、EN 55032、FCC 47 CFRパート15、サブパートB、EU指令2004/104/EC
衝撃および振振動 IEC 60068-2
環境 RoHS、REACH、ISO 16750、EN 20567-1、ISO 20653

ユースケース

InnovizのLiDARは車載、マッピング、ドローン、セキュリティ、産業など様々分野において活用することができます。

LiDARのユースケース

資料ダウンロード

Innoviz製品に関する資料はこちらよりダウンロード下さい。特徴や詳細仕様などをご案内しております。

お問い合わせ

Innoviz製品に関するご質問やご不明点などございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。