イベントの特徴

近年、製造現場の自動化の流れから、コンディションベースメンテナンスのニーズが高まっており、IoTを活用した次世代設備保全システムの導入が進んでいます。
中でも回転機構の設備保全では振動センサを使用したシステム構築が一般的と言われています。

本セミナーでは、振動センサーを使ったCBMシステム構築のスペシャリストであるIMV社とマクニカのエンジニアが基礎からシステム構築までをわかりやすくご説明します。
振動センサーを使ってみたいけどちょっと難しそう、どう進めていいかイメージがわからない等のお悩みをお持ちの方におすすめのセミナーです。

こんな人にオススメです!

振動センサーを活用した機械の異常検知/予知保全/CBMシステム構築を検討中のお客様

※競合製品をお取り扱いされている方、個人の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。
※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2020/07/22
(水)
  • 15:30-17:20

Webinar開催(後日URL・接続方法をお送りいたします)

  • 30
受付中

アジェンダ

時間 内容
15:30-16:15

●設備保全における振動センシングの活用
振動測定の価値、振動の評価方法、振動計測の利用分野

IMV株式会社 森田氏


●振動センシングの基礎
振動と加速度、センサの種類/仕様/設置方法、振動計測のポイント

IMV株式会社 川平氏

16:25-17:20

●代表的な解析手法
振動監視方法、振動解析のポイント

IMV株式会社 川平氏


●次世代設備保全システム構築の勘所
設備保全システム構成、エッジコンピューティングの必要性

●ユースケース

株式会社マクニカ 梶井

*講演内容、お時間など、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。