イベントの特徴

近年、製造現場の自動化の流れにから、コンディションベースメンテナンスのニーズが高まっており、IoTを活用した次世代設備保全システムの導入が進んでいます。
中でも回転機構の設備保全では振動センサを使用したシステム構築が一般的と言われています。

本セミナーでは、振動センサーを使ったCBMシステム構築のスペシャリストであるIMV社とマクニカのエンジニアが基礎からシステム構築までをわかりやすくご説明します。
振動センサーを使ってみたいけどちょっと難しそう、どう進めていいかイメージがわかない等のお悩みをお持ちの方におすすめのセミナーです。

なお、セミナー終了後は、ご希望者を対象に「個別相談会」を開催いたします。
相談会では、現場の課題についてお気軽にご相談ください。

 

こんな人にオススメです!

振動センサーを活用した機械の異常検知/予知保全/CBMシステム構築を検討中のお客様

※競合製品をお取り扱いされている方、個人の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。
※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2020/04/21
(火)
  • 14:00-17:00
    (受付 13:30開場 -)

株式会社マクニカ 品川オフィスセミナールーム

  • 30
受付中

アジェンダ

時間 内容
14:00-14:05

ご挨拶

14:05-14:40

設備保全における振動センシングの活用

設備保全で振動データってどういうときに使うの?

14:40-15:10

振動センシングの基礎

センサーの種類、スペック、など

15:10-15:30

代表的な解析手法

振動データをどういうふうに取り扱うか(RMS FFT)

15:30-15:40

休憩(デモ展示あり)

15:40-16:10

次世代設備保全システム構築の勘所

・システム全体図~センサー取り付け
・SENSPIDERとIMVのはなし
・振動センシングの勘所
・AIとクラウドまでのシステム図

16:10-16:50

ユースケース

16:50-17:00

質疑応答

17:00

閉会

17:10

事前申し込みいただいた方のみ個別相談会


*講演内容、お時間など、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

持ち物

・お名刺 1枚
・受講票