Splunk

スプランク

人材不足でもできる!セキュリティ運用のベストプラクティスとは

新型コロナウイルスの影響に鑑み、当面の間、テレワーク(在宅勤務)での業務を基本として継続しております。
セミナーに関するお問い合わせにつきましては、大変お手数をおかけいたしますが、製品のお問い合わせフォームまたはメールアドレスへご連絡くださいますようお願いいたします。

日本企業は他国の企業と比較して、セキュリティ人材に対する不足感を強く感じている傾向があります。
その背景には、『文化的背景の違い』と、『組織構成の違い』があると考えますが、これらはすぐに変えられるものではありません。

そこで本セミナーでは、前半で「なぜ日本企業は情報セキュリティ人材の不足を感じているのか?」を整理し、後半で「人材不足でも実施することのできるテクノロジーを有効活用したセキュリティ運用方法」をご案内します。

ご紹介するテクノロジー

  • UEBA(ユーザベースの振る舞い検知)
  • 次世代SIEM(脅威インテリジェンスの活用)
  • SOAR(セキュリティ運用の自動化)
  • BAS(アタックシミュレーション)

セキュリティ運用の効率化とセキュリティ強化の実現に向けて、皆さまのご参加をお待ちしております。

※セミナー受講用URL通知がセキュリティポリシーなどの関係で届かない可能性がございます。開催前日17時までに届いていない場合は、splunk-sales@macnica.co.jpまでご連絡いただけますようお願いいたします。"

オンラインセミナー申込み後の手順

  • 本ページ下部の申込みフォームからご登録をお願いいたします。
  • 開催日が近づいてまいりましたらオンラインセミナーへのログインURLをご案内いたします。
  • 開催当日、お時間となりましたらログインURLよりアクセスいただき、ご聴講ください。

開催要項

日 程 日程調整中
会 場

オンラインセミナーでの開催

「申込み後の手順」
本ページ下部の申込みフォームからご登録をお願いいたします。開催日が近づいてまいりましたらオンラインセミナーへのログインURLをご案内いたします。開催当日、お時間となりましたらログインURLよりアクセスいただき、ご聴講ください。

※下記URLより事前に接続テストを実施することができます。

https://zoom.us/test

定 員

なし

費 用 無料(事前登録制)
準 備

当日ご準備いただくもの

  • オンラインセミナーを受講するPC
  • インターネット接続のための環境

プログラム

14:00~15:00
  • 統計から読み解く日本のセキュリティ人材事情
  • マクニカでご提供できるテクノロジーと活用事例のご紹介
    • UEBA(ユーザベースの振る舞い検知)
    • 次世代SIEM(脅威インテリジェンスの活用)
    • SOAR(セキュリティ運用の自動化)
    • BAS(アタックシミュレーション)

※プログラムは、予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。最新情報は本Webページをご確認ください。

※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。