サーチヘッドクラスターへ展開されたAppの削除方法

公開日
2017-07-05
最終更新日
2018-10-11
バージョン
Splunk Enterprise 6.5.2
概要
サーチヘッドクラスターへ展開されたAppを削除する方法について
更新履歴
2018/10/11 誤記修正(誤:apps.conf 正:app.conf)2017/07/05 初版
参考情報
内容

プロイヤーを利用してサーチヘッドクラスターへ展開されたAppが不要となった場合、以下の方法にてクラスターから削除することが可能です。

設定手順

  • デプロイヤーの$SPLUNK_HOME/etc/shcluster/apps ディレクトリから削除対象のAppを削除します
  • 以下のコマンドを実行します

$SPLUNK_HOME/bin/splunk apply shcluster-bundle -target <URI>:<管理ポート>

auth <管理ユーザー>:<パスワード>

  • ※注1:
    1. target:任意のクラスターメンバーを指定してください。最終的にはすべてのメンバーに配布されるため、1つのサーバーのみの指定で問題ありません。
    2. auth:デプロイヤーのユーザ名・パスワード
  • ※注2:
    1. デフォルトインストールの場合の$SPLUNK_HOME
    2. Linux:/opt/splunk
    3. Windows:C:\Program Files\splunk

注意点

削除対象Appのapp.confにて以下のようにAppが無効になっていた場合、サーチヘッドクラスターからAppを削除することができません。

[install]
state = disabled

このため、Appを削除する場合には以下のように削除対象のAppを有効にしてください。

[install]
state = enabled

また、サーチヘッドサーバーからAppを削除する場合、最新の設定をSplunkに反映させるため、Splunkの再起動が発生します。

サーチヘッドクラスター環境の場合、ダウンタイムを回避する為、すべてのサーチヘッドが一斉に再起動せず、タイミングをずらしながら順番に再起動されます。このため、サーチの行えない時間等は発生しませんが、影響の少ない時間帯を選んで作業を実施することをおすすめします。

以上