「Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1」 | Splunker's ブログ

Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1

2017/10/10

2016年9月26日から米国フロリダ州オーランドで開催された、Splunk社のグローバルユーザカンファレンス「.conf 2016」に参加しました。

朝食は昨日と同じ巨大な食事会場。5000人の食事がとれるよう巨大なビニールテントです。スケールが違います。

Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1

そして最初の基調講演です。広い会場も5000名近い参加者で満席です。

Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1

Splunkの顧客名や担当者のSplunkに対するコメントが流れています。Splunkを使うと時間短縮になり業務の効率がアップしますね。

Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1
Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1

ダグ・メリットCEOの基調講演。The DNA of Digital Transformationメッセージとして「Data Fabric」というキーワードがあがりました。Splunkは様々なデータの基盤に利用してもらうという事でした。

CEOの発表動画:The DNA of Digital Transformation

Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1

そして新バージョンの発表。検索・コマンド入力画面がかなり強化されていました。
また英語だけなのですが、質問を入力するとSPL検索コマンドに変換してくれる対話型コマンド変換ツールも紹介されていて、これは驚きました。

昼食の後は個別セッションに参加しました。Splunkの個別セッションは100セッション以上あるため、エクセルなどで事前に時間割表を作っておくことをおすすめします。
今回は私が注目している、IoTセキュリティセッションです。
Splunk はIoTデータの解析にも実績があり、そのデータの取得方法からセキュリティ対策の提案、事例などを知ることができました。

Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1

Splunkはあらゆるデータを集めて解析しますが、その解析の軸=レンズとして様々な見方ができるのが利用メリットだと思いますが、そのような内容をプレゼンされていました。

Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1

ユーザインタービュービデオも流されていましたが、Splunker達の職場の風景が見れて興味深いです。Splunkを縦長に表示するのも面白いかなと思いました。

Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1

初日の夜は、世界のSplunkユーザの懇親会、「サーチパーティ」が開催されました。
ラスベガスではホテルのプールでしたが、今回はフロリダという事もあり、ディズニーランドの貸切でした。パーティー会場にいるとあまり人が集まらず、隣の外国人が言うには、アトラクション費用が全部無料という事でした!どうりで人が来ないはずです。

Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1

ディズニーランドといえども、米国のセキュリティ対策はしっかりしていて、入園前にセキュリティチェックガードがありました。

Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1

ディズニーランドの中の複数のポイントにDJカーが来ていました。車のまわりを囲んでみんな踊っていました。

Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1
Splunk「.conf(ドットコンフ) 2016」参加レポート DAY1

ディズニーランドの閉園とともに専用バスでホテルに帰り着きました。