条件を指定して絞り込む

現在1149件がヒットしています。check

記事カテゴリ
製品カテゴリ
メーカー

A

B

C

D

E

F

G

H

I

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z

インテル® FPGA の開発に必要な Quartus® Prime 開発ソフトウェアおよび ModelSim® - Intel® FPGA Edition のインストール方法をご案内します。

なお、Nios® II エンベデッド・プロセッサーの開発に必要な Nios® II ソフトウェア・ビルド・ツール (以下、Nios II SBT) も、Quartus Prime のインストールと同時に行われます。

 

[参考情報]

Quartus Prime は、エディションおよびバージョンにより、サポートされるオペレーティング・システムやデバイス・ファミリのラインアップが異なります。インストールの前に、以下のコンテンツでご確認ください。

 

Quartus® Prime サポート Windows® OS 対応表

Quartus® Prime サポート・デバイス 対応表

 

 

以下のフローに従って、インストールを実行してください。

ファイルのダウンロード

インストールするためのファイルは、メーカーのダウンロード・センターで入手できます。

詳細は、以下のコンテンツをご覧ください。

 

インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアおよび ModelSim® - Intel® FPGA Edition のダウンロード方法

 

なお、ダウンロード・ファイルの形式によりファイルの種類が異なります。

 

・[一式ファイル] タブからダウンロード

  ⇒ .tar ファイル

 

・[個別ファイル] タブからダウンロード

  ⇒ Quartus Prime および ModelSim-Intel FPGA Edition : .exe ファイル (Linux は .run ファイル)

  ⇒ デバイス固有ファイル : .qdz ファイル

    ※ .qdz ファイルは、Quartus Prime のインストーラーと同じフォルダに保存することを推奨します。

     デバイス固有ファイルは 、Quartus Prime インストール後に追加インストールすることができます

インストールの準備

※ [個別ファイル] タブからファイルをダウンロードした場合は、次のステップ "インストール" へ進んでください。

[一式ファイル] タブからダウンロードした .tar ファイルは、インストール前に展開しインストール・ファイルを抽出する必要があります。

WinZip、7-Zip、WinRAR などのファイル解凍ツールが利用可能です。

ファイル解凍時には、すべてのファイルを同じフォルダに展開しなければなりません。

(別のフォルダに展開したファイルがあると、インストーラーはそのファイルをインストールしません。)

すべてのソフトウェアとデバイスのインストール・ファイルが、components という名前のサブフォルダに自動的に保存されます。

インストール

インストールを開始します。

実行するファイル

[一式ファイル] タブからダウンロードしたユーザーは、ファイル解凍ツールで展開したフォルダ内にある以下のファイルを実行します。

 Windows は .bat ファイル、Linux は .sh ファイルです。

スタンダードまたはライト・エディション

プロ・エディション

setup.bat または setup.sh

setup_pro.bat または setup_pro.sh

 

[個別ファイル] タブからダウンロードしたユーザーは、以下のファイルを実行します。 

 Windows は .exe ファイル、Linux は .run ファイルです。

 

ライト・エディション

スタンダード・エディション

プロ・エディション

Quartus Prime(※)

QuartusLiteSetup-<version>-windows.exe

または

QuartusLiteSetup-<version>-linux.run

QuartusSetup-<version>-windows.exe

または

QuartusSetup-<version>-linux.run

QuartusProSetup-<version>-windows.exe

または

QuartusProSetup-<version>-linux.run

ModelSim-Intel FPGA Edition(※)

ModelSimSetup-<version>-windows.exe

または

ModelSimSetup-<version>-linux.run

ModelSimProSetup-<version>-windows.exe

または

ModelSimProSetup-<version>-linux.run

(※) デバイス固有ファイル .qdz ファイルおよび ModelSim-Intel FPGA Edition インストール・ファイルは、Quartus Prime のインストール・ファイルと同じフォルダ保存されていれば、Quartus Prime のインストーラーが自動的に検出し、同時にインストールを開始します。

インストール開始

それぞれの実行ファイルをダブルクリックすると、ウィザードが起動します。

指示に従い、インストールを進めていきます。

今回は、個別ファイルでダウンロードした Quartus Prime スタンダード・エディション用インストーラーを例に説明します。

続いて、インストールするツールとデバイスを決定します。

デバイス固有ファイルおよび ModelSim-Intel FPGA Edition のインストール・ファイルを Quartus Prime のインストーラと同じフォルダに保存しておくと、自動的に検出され、同時にインストールが行えます。

ModelSim-Intel FPGA Edition は、ModelSim-Intel FPGA Starter Edition (無償タイプ) と有償タイプが選択できます。

エディションの違いは、ModelSim* - Intel® FPGA Edition ソフトウェア をご覧ください。

 

もし、Quartus Prime のインストール後に別途インストールを実行する場合には

 ・ ModelSim-Intel FPGA Edition は、実行ファイルをダブルクリックし、インストーラを起動してください。

 ・ デバイス固有ファイルは、こちらをご覧ください。

[Next] ボタンを押していくと、インストールが開始されます。

Quartus Prime のインストールが完了すると、続けて ModelSim-Intel FPGA Edition のインストールが開始されます。そのままお待ちください。

各種インストールが完了すると以下の画面が表示されます。

必要な項目を有効 (✔) にして、[Finish] ボタンをクリックしてください。

以上で、Quartus Prime、ModelSim-Intel FPGA Edition のインストールは終了です。

 

続けて、インテル FPGA ダウンロード・ケーブル (USB-Blaster™ II) のドライバーのインストーラーが起動します。

ここでインストールしない場合は [キャンセル] ボタンにより中止します。

別途インストールする場合は、以下のコンテンツを参考にしてください。

 

USB-Blaster™ II のドライバをインストールしてみよう

USB-Blaster™ II のドライバーのインストール

続けて、インテル FPGA ダウンロード・ケーブル (USB-Blaster™ II) のドライバーのインストーラーが起動します。

USB-Blaster™ II は、FPGA  や CPLD に設計したデータを書き込んだり、デバッグする際に使用するダウンロード・ケーブルです。
ここでインストールする場合は、ウィザードに従ってインストールを開始してください。

追加デバイスのインストール

Quartus Prime をインストール後に、デバイス固有ファイルを追加でインストールすることができます。

 

1. 必要なデバイスの固有ファイル (.qdz) をダウンロードしていない場合は、ダウンロード・センターの [個別ファイル] タブから

  ダウンロードしてください。

2. Quartus Prime を起動します。

 

3. Tools メニュー > Install Devices を選択します。

 

4. インストーラーが起動します。ウィザードに従い、追加するデバイス固有ファイル (.qdz) の

  保存されているフォルダ・パスを指定します。

 

5. ウィザードに従い、インストールを開始してください。

 

6. インストール完了後、Quartus Prime を再起動してください。

ライセンス・ファイルの設定

※ ライト・エディションは、ライセンス不要です。Quartus Prime を起動し、作業を開始してください。

 

プロ・エディション および スタンダード・エディション を利用するには、ライセンス・ファイルが必要です。

インストール終了後に、ライセンス・ファイルの設定を行います。

ライセンス・ファイルをまだ取得していない場合は、以下のコンテンツをご覧ください。

 

 ・ 新規ライセンス購入時のライセンスを取得する方法

 ・ 保守更新時のライセンスを取得する方法

 ・ ライセンスに紐づいた NIC ID (Host ID) を変更する方法

 ・ 発行済みライセンス・ファイルを再取得する方法

 ・ FPGA 開発キット用のライセンスを取得する方法

 

ライセンス・ファイルの取得後、ライセンス設定を行います。

ライセンスの保守形態により設定方法が異なります。詳細は、ご自身の保守形態に応じたコンテンツをご覧ください。

 

 ・ インテル® FPGA ツールのライセンス設定方法(Fixed / 環境変数の LM_LICENSE_FILE 編)

 ・ インテル® FPGA ツールのライセンス設定方法(Floating / 環境変数の LM_LICENSE_FILE 編)

 

旧バージョンのインストール方法はこちら

Quartus® Prime & ModelSim® インストール方法(v18.0)

Quartus® Prime & ModelSim® インストール方法(v17.1)

Quartus® Prime & ModelSim® インストール方法(v17.0)

Quartus® Prime & ModelSim® インストール方法(v16.1)

Quartus® Prime & ModelSim® インストール方法(v16.0)

 

おすすめ記事/資料はこちら

Quartus® Prime 関連の記事や資料
インテル® FPGA の開発フロー/FPGA トップページ

おすすめ FAQ はこちら

ModelSim® 関連の FAQ
Quartus® Prime 関連の FAQ
インテル® FPGA 関連の FAQ