有償のインテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア、および有償の IP を使用するには、ライセンスファイルが必要です。

 

[参考] 新規ライセンス購入時のライセンスを取得する方法

 

ライセンスファイルを取得後、ライセンス形態に応じてパソコンにライセンスファイルを設定します。

ライセンス形態

Fixed ライセンス

Floating ライセンス

特徴 スタンドアロン・ライセンス ネットワーク・ライセンス
サポート OS Windows Windows および Linux
作業内容

✔ ライセンスファイルをローカル PC に保存

✔ ローカル PC のライセンス設定

✔ ライセンスファイルをライセンスサーバーに保存・編集

✔ ライセンスサーバーの FLEXlm セットアップ

✔ クライアント PC のライセンス設定

 

ここでは、Floating ライセンスの設定方法 をご案内します。

 

Fixed ライセンスの設定方法は、こちら をご覧ください。

Fixed ライセンスと Floating ライセンスの概要については、こちら をご覧ください。

1. ライセンスファイルをライセンスサーバー用パソコンに保存・編集

① ライセンス申請時に紐づけた NIC ID を所有するライセンスサーバー用パソコンのローカルドライブに、ライセンスセンターから取得した

  ライセンスファイルを保存します。

 

  [保存ルール]

  ・ファイル名は任意 (半角英数字のみ使用可。拡張子は .dat)

  ・保存するフォルダパスに、全角およびスペースは使用不可

 

  例) C:\intelFPGA\license\intel_lic.dat

 

 

② ライセンスファイルを編集します。編集内容は以下の3点です。

  ・ ライセンスサーバーのパソコン名

  ・ TCP/IP ポート番号

  ・ ベンダーデーモンのパス

 

 ライセンスファイルは、行の先頭に # を使用することでコメントアウトが可能です。

 ライセンスファイルの冒頭部分(コメントアウト行を除く)には、SERVER 行、VENDOR 行、USE_SERVER 行が記載されています。

 各行のフォーマットは、以下の通りです。

 SERVER <hostname> 012345abcdef <port number>
 VENDOR alterad <path to daemon executable>
 VENDOR mgcld <path to daemon executable>
 USE_SERVER

 ただし、3行目 VENDOR mgcld <path to daemon executable> は、ModelSim® - Intel® FPGA Edition 用ライセンスを購入した

 ユーザーにのみ記載されます。

ライセンスファイルの行

編集項目

編集の有無

編集内容

SERVER <hostname>

ライセンスサーバーのパソコン名に変更
012345abcdef

不要

ライセンスサーバー用パソコンの NIC ID と一致しているかを確認
<port number>

ライセンスサーバー用パソコン上で FLEXlm が使用する TCP/IP ポート番号に変更

(ライセンスサーバー用パソコンの管理者に確認してください。)

VENDOR <path to daemon executable>

稼働させるベンダーデーモン(alterad あるいは mgcld プログラム)の保存パスに変更
USE_SERVER

不要

 

以下に、Windows OS におけるライセンスファイル編集後のサンプルを示します。

 SERVER MAC01 012345abcdef 1800
 VENDOR alterad C:\FLEXlm\alterad.exe
 VENDOR mgcld C:\FLEXlm\mgcld.exe
 USE_SERVER

2. ライセンスサーバー用パソコンに FLEXlm をセットアップ

Floating ライセンスは、ライセンスサーバー用のパソコンに FLEXlm ソフトウェア(※) という管理ツールをインストールおよびセットアップして

運用します。FLEXlm の運用には、管理者権限を持つアカウント で作業を行ってください。

※ FLEXlm は、EDA(Electronic Design Automation)分野において各社のソフトウェアで標準的に採用されているライセンス管理ツールで、

  Quartus Prime のネットワーク・ライセンスでもこのツールが採用されています。

 

① FLEXlm を ダウンロードセンターから入手し、インストールします。

  インストール先のフォルダパスに決まりはありませんが、管理しやすいよう一つのフォルダに保存することをおすすめします。

  ※ 注意:フォルダパスに全角およびスペースは使用できません。

 

  例) C:\FLEXlm

 

  FLEXlm の運用に必要な以下のファイルが展開されます。(Windows 用のファイルには、拡張子 .exe が付きます。)

ファイル名

概要

lmutil コマンドラインを使用してライセンスサーバーの管理を行うユーティリティ。

lmtools

Windows のみのファイル。

Windows 向けの GUI (グラフィカル・ユーザー・インタフェース) を使用してライセンスサーバーの管理を行うユーティリティ。
lmgrd

ライセンスマネージャ・デーモン。

メーカー各社のベンダーデーモンの起動や停止を促し、ライセンスを管理、発行する。1台のパソコン上で稼働できる lmgrd は1つのみ。
alterad

Intel FPGA 開発ツール用ベンダーデーモン。

クライアント用のパソコンに対して Quartus Prime Standard Edition、Pro Edition、IP (Intellectual Property) などの使用権利を管理、発行する。

1台のパソコン上で稼働できる alterad は1つのみ。
mgcld

ModelSim - Intel FPGA Edition 用ベンダーデーモン。

クライアント用のパソコンに対して ModelSim - Intel FPGA Edition の使用権利を管理、発行する。

1台のパソコン上で稼働できる mgcld は1つのみ。

 

すでに別メーカーのネットワーク・ライセンスの運用で FLEXlm を使用している場合は、lmutil、lmtools、lmgrd はそのまま利用可能ですが、lmgrd のバージョンが古いと Quartus Prime の起動に支障が起きることがあります。必要に応じて最新の lmgrd へアップデートしてください。

 

 

② FLEXlm をセットアップします。

  ここでは、Windows 向けに lmtools を活用したセットアップ方法をご紹介します。

  なお、Linux は lmutil ユーティリティを活用しコマンドでセットアップします。詳細は下記ドキュメントを参考にしてください。


  Upgrading the FLEXlm License Manager Server Software

  (「Intel FPGA Software Installation and Licensing」より)

 

②-1. lmtools.exe をダブルクリックで起動します。

 

②-2. [Service/License File] タブで Configuration using Services を選択し、[Config Services] タブに切り替えます。

 
②-3. 各項目を設定します。

LMTOOLS ダイアログボックス
項目名 設定する内容
Service Name Quartus Prime あるいは IP 用のライセンスサービスの名前を作成。名称は自由
例) IntelFPGA License Manager
Path to the lmgrd.exe file

ライセンスサーバー用のパソコン上で使用するライセンスマネージャ・デーモン lmgrd.exe のパスを指定

例) C:\FLEXlm\lmgrd.exe
Path to the license file

保存しているライセンスファイルのパスを指定

例) C:\intelFPGA\license\intel_lic.dat
Path to the debug log file ライセンスサービスのログファイルの出力先フォルダおよびファイル名を指定。ファイル名は自由
Use Services

※ 設定は任意

On : ライセンスサーバー・サービスは Windows サービスとして稼働

Off : FLEXlm ライセンスサービスとして稼働
Start Server at Power Up

※ 設定は任意

On : Windows OS の起動と同時にこのサービスが自動開始

Off : サービスの開始は lmtools でのみ実行

 

②-4. Save Service ボタンをクリックし、設定内容を保存します。

 

③ [Service/License File] タブで始動させるライセンスサーバー・サービスを選択後、[Start/Stop/Reread] タブに切り替え、

  [Start Server] ボタンをクリックしサービスを開始します。

  ライセンスファイルのメンテナンスなどでサービスを停止する際は、[Service/License File] タブにおいて対象のライセンスサーバー・サービスを

  リストから選択後に [Start/Stop/Reread] タブに切り替え、[Stop Server] ボタンをクリックしてください。

 

④ 上記②-3. において Path to the debug log file で設定したログファイルを参照し、サービスが無事にスタートしていることを確認します。

 

3. クライアント用パソコンにライセンスを設定

Quartus Prime を実際に使用するパソコンを、クライアントと称します。

クライアント用のパソコンにおいてライセンスを設定する方法は、以下の2種類があります。

お好みでいずれかの設定方法を選択してください。

設定の種類

メリット

a.

Quartus Prime の

メニュー上で設定する

・設定が簡単
・使用する Quartus Primeのバージョンごとに参照させるライセンスを設定できる

b.

OS の環境変数で設定する

・使用する Quartus Prime の複数バージョンを一括で設定できる

・ModelSim® - Intel® FPGA Edition のライセンスを購入している場合、このライセンス設定も同時に行える

3a. Quartus Prime のメニュー上で設定する

① Quartus Prime を起動します。

  License Setup Required ダイアログボックスが表示されますので、

 

  If you have a valid license file, specify the location of your license file

 

  を選択し、OK ボタンをクリックすると、License Setup ダイアログボックスが自動的に起動します。

License Setup Required ダイアログボックス

② License file 欄に、ライセンスサーバーのライセンスファイルで指定した “TCP/IPポート番号@ライセンスサーバーのパソコン名” を入力します。

 

  例: 1800@MAC01

License Setup ウィンドウ

 ライセンスサーバー上のライセンスファイルがロードされ、Current license および Licensed AMPP/MegaCore functions 情報が

 ダイアログボックスに表示されます。

 

 [Note]

 ・ 使用するライセンスファイルが、IP ライセンスのみ(Quartus Prime ライセンスは無し)でご利用の場合、

   Current license 枠内は Not found 表示になります。

 ・ Quartus Prime Pro および Standard Edition を購入したユーザーが無償で使用できる IP Base Suite ライセンスのラインナップのうち、

   DDR3 SDRAM High-Performance Controller supporting UniPHY などの外部メモリ・コントローラ IP は、Licensed AMPP/MegaCore functions

   には表示されませんが、利用することができます。

   (IP Base Suite のインテル FPGA IP ファンクションの内容は、こちら をご覧ください。)

 

 

③ ダイアログボックスを OK ボタンで閉じます。

 

以上で、ライセンスファイルの設定は完了です。

Quartus Prime をご利用ください。

3b. OS の環境変数で設定する

ここでは、Windows OS の場合を例にご紹介します。

なお Linux は、各ディストリビューションに応じた環境変数ファイルを編集してください。その際の 変数名 および 変数値 は、3b. ③ の表を参照してください。

 

① Windows のコントロール パネルから [システム] を選択します。

コントロール パネル

② [システムの詳細設定] を選択し、システムのプロパティにおいて [詳細設定] タブから [環境変数(N)] ボタンをクリックします。

システムのプロパティ

 既存する環境変数に

 LM_LICENSE_FILE がない ⇒ 手順 ③ へ進みます。

 LM_LICENSE_FILE がある ⇒ 手順 ④ へ進みます。

 

 

③ [新規(W)] ボタンをクリックし、以下の変数を登録します。

 (ユーザー環境変数とシステム環境変数のどちらに設定するかは任意です。パソコンの管理者にご相談ください。)

変数名 LM_LICENSE_FILE
変数値

ライセンスサーバーのライセンスファイルで指定した “TCP/IPポート番号@ライセンスサーバーのパソコン名” を入力

例) 1800@MAX01

新しいシステム変数

 すべてのダイアログボックスを OK ボタンで閉じます。

 手順 ⑤ へ進みます。

 

 

④ LM_LICENSE_FILE の行を選択し [編集(I)] ボタンをクリックします。

 すでに変数名 LM_LICENSE_FILE に登録されている変数値に、ライセンスサーバーのライセンスファイルで指定した

 “TCP/IPポート番号@ライセンスサーバーのパソコン名” を追加または変更します。

 もし複数の変数値を設定する場合は、半角のセミコロン( ; ) で区切り、登録してください。

システム変数の編集

 すべてのダイアログボックスを OK ボタンで閉じます。

 手順 ⑤ へ進みます。

 

 

⑤ Quartus Prime を起動し、Tools メニュー > License Setup をクリックします。

 License file 欄に、環境変数に指定した “TCP/IPポート番号@ライセンスサーバーのパソコン名” が登録されていることを確認します。

License Setup ウィンドウ

  “Use LM_LICENSE_FILE variable” オプションにより、License Setup メニューと OS の環境変数とを使い分けることが可能です。

  ライセンスサーバー上のライセンスファイルがロードされ、Current license および Licensed AMPP/MegaCore functions 情報が

  ダイアログボックスに表示されます。

 

 [Note]

 ・ 使用するライセンスファイルが、IP ライセンスのみ(Quartus Prime ライセンスは無し)でご利用の場合、

   Current license 枠内は Not found 表示になります。

 ・ Quartus Prime Pro および Standard Edition を購入したユーザーが無償で使用できる IP Base Suite ライセンスのラインナップのうち、

   DDR3 SDRAM High-Performance Controller supporting UniPHY などの外部メモリ・コントローラ IP は、Licensed AMPP/MegaCore functions

   には表示されませんが、利用することができます。

   (IP Base Suite のインテル FPGA IP ファンクションの内容は、こちら をご覧ください。)

 

⑥ ダイアログボックスを OK ボタンで閉じます。

 

 

以上で、ライセンスファイルの設定は完了です。

Quartus Prime をご利用ください。

 

 

おすすめ記事/資料はこちら

インテル® FPGA の開発フロー/FPGA トップページ

おすすめ FAQ はこちら

インテル® FPGA 関連の FAQ