こんにちは。

マクニカでインテル® FPGA 製品の技術サポートをしている インテル・F・ハナコ です。

 

今回は、Quartus® Prime の有償ライセンス形態の Floating サブスクリプション・ライセンス に関して、

他メーカーの開発ソフトウェアのライセンスと どのように共存運用するか、その管理方法をご紹介します。

なお、いずれのメーカーも FLEXlm ソフトウェアでライセンスを管理するものとします。

 

通称ネットワーク・ライセンス(Floating サブスクリプション)は、ライセンスを管理するパソコン(通称 ライセンス・サーバー)に FLEXlm ソフトウェアをインストールして、サービスを稼働し運用します。

(サービスとは、パソコンの稼働中にバックグラウンドで働き続けるプログラムのことを指します。)

 

FLEXlm は、EDA(Electronic Design Automation)分野において各社のソフトウェアで標準的に採用されているライセンス管理ツールで、Quartus Prime のネットワーク・ライセンスでもこのツールが採用されています。

同様に別メーカーの開発ソフトウェアでもネットワーク・ライセンスの管理にこの FLEXlm が採用されていることが多くみられます。

ライセンス管理ツールが同じであれば、複数社のライセンス管理を1台のライセンス・サーバーで運用することができます。

FLEXlm の管理・運用に必要なファイル

ライセンス・サーバー・マシンの管理者は、以下のファイルを入手し、各種ファイルに対して設定や編集を行います。

lmutil.exelmtools.exelmgrd.exealterad.exe は、

クライアント・マシンにインストールされた Quartus Prime のインストール・フォルダに保存されていますので、コピー&ペーストでライセンス・サーバー・マシンに保存します。

もしサーバー・マシンとクライアント・マシンのプラットフォームが異なる場合には、インテル PSG のホームページから入手してください。

各ファイルを保存するライセンス・サーバー・マシンのフォルダ・パスに決まりはありませんが、管理しやすいよう一つのフォルダに保存することをおススメします。

(注意!保存するフォルダ・パスは、全角およびスペースは使用しないでください。)

 

ここでは例として、保存フォルダ・パスを C:\FLEXlm とします。

 

 

Quartus Prime ライセンス・ファイル(*.datは、

ライセンスご契約時に登録した管理者専用のアカウント・ページ(マイ・インテル)のライセンス・センターで申請および取得ができます。

詳細は、下記コンテンツをご覧ください。

新規ライセンス購入時のライセンスを取得する方法

発行済みライセンス・ファイルを再取得する方法

 

他者のベンダー・デーモンおよびライセンス・ファイルの入手方法は、各メーカーにお問い合わせください。

以下に、各ファイルの役割をざっくり説明します。

 

ファイル

概要

lmutil.exe コマンドラインを使用してライセンス・サーバーの管理を行うユーティリティ。
lmtools.exe Microsoft® Windows 向けの GUI(グラフィカル・ユーザ・インタフェース)を使用してライセンス・サーバーの管理を行うユーティリティ。
lmgrd.exe

ライセンス・マネージャ・デーモン。

メーカー各社のベンダー・デーモンの起動や停止を促し、ライセンスを管理、発行する。1台のマシンで稼働できる lmgrd は1つのみ。

alterad.exe

Intel FPGA 開発ツール用ベンダー・デーモン。

クライアント・マシンに対して Quartus Prime Standard Edition、Pro Edition、IP (intellectual property) などの使用権利を管理、発行する。1台のマシンで稼働できる alterad は1つのみ。

B社用ベンダー・デーモン

B 社の開発ソフトウェア用ベンダー・デーモン。

クライアント・マシンに対して B社のソフトウェアの使用権利を管理、発行する。1台のマシンで稼働できB社用ベンダー・デーモンは1つのみ。

ライセンス・ファイル(*.dat)

保守契約によりメーカー各社が発行するテキスト・ファイル。

ライセンス・サーバーの情報、使用できる製品や機能、使用期限などが明記されている。サーバー名やベンダー・デーモンのパスなどの編集が必要。

デバッグ・ログ・ファイル(*.log)

FLEXlm システムにおける各デーモンのステータスやエラー・メッセージが記録されるため、稼働状況のデバッグに役立つファイル。

lmutil.exe または lmtools.exe 設定時に任意で指定し、自動的に生成される。

管理方法は2つ

[A] サービスを1つにまとめて管理する

[B] サービスをメーカーごとに分けて管理する

 

では、それぞれの特徴を見てみましょう。

[A] サービスを1つにまとめて管理する

Quartus Prime 用ライセンス・ファイルと、B社のソフトウェア用ライセンス・ファイルを1つに合成して、運用サービスも1つで管理する方法です。

 

<メリット>

・ ライセンス・ファイルの編集など、作業が簡単!

(FLEXlm によるライセンス管理がはじめての人におススメの方法。)

 

<デメリット>

・メンテナンスなどで ある1社のサービスを停止する場合に、同時管理している全メーカーのソフトウェアの運用も停止する必要がある。

(メンテナンスと無関係のソフトウェアを使用するユーザーにとっては、迷惑かも。)

 

◆ 方法[A] におけるライセンス・ファイルの統合方法は

  こちらのコンテンツ の "[A] サービスを1つにまとめて管理する場合のライセンス・ファイル統合方法" をご覧ください。

 

◆ 方法[A] における lmtools の設定方法は 

  こちらのコンテンツ の "[A] サービスを1つにまとめて管理する場合の lmtools 設定方法" をご覧ください。

 

 

 

[B] サービスをメーカーごとに分けて管理する

Quartus Prime 用ライセンス・ファイルとB社のソフトウェア用ライセンス・ファイルを別々で管理し、運用サービスも別々に管理する方法です。

 

<メリット>

・サービスがメーカーごとに独立しているため、他社のサービスを稼働させたまま、ある1社のサービスを停止することができる。

(ライセンス・ファイルやベンダー・デーモンの更新などのメンテナンス時に有効)

 

<デメリット>

・サービスごとにライセンス管理ツールの設定が必要

・ライセンス・サーバー・マシンの管理者は、FLEXlm の仕組みを理解していると GOOD!

 

なお Quartus Prime 用ライセンス・ファイルには、

ModelSim® - Intel® FPGA Edition のライセンス機能(購入者のみ)と AXI BFM IP ファンクション(IP Base Suite ラインナップの一つ)のライセンス機能も含まれて発行されます。

いずれのライセンス機能もメンターグラフィックス社のベンダー・デーモン mgcld で管理されるため、Quartus Prime 用ライセンス・ファイルは alterad ベンダー・デーモンと mgcld ベンダー・デーモンとにさらに細分化して運用することができます。

 

◆ 方法[B] におけるライセンス・ファイルの分離方法は

  こちらのコンテンツ の "[B] サービスをメーカーごとに分けて管理する場合のライセンス・ファイル分離方法" をご覧ください。

 

◆ 方法[B] における lmtools の設定方法は

  こちらのコンテンツ の "[B] サービスをメーカーごとに分けて管理する" をご覧ください。

 

 

 

――――――――

 

続いて、ライセンス・ファイルの編集方法や LMTOOLS の設定方法 を説明します。