条件を指定して絞り込む

現在1132件がヒットしています。check

記事カテゴリ
製品カテゴリ
メーカー

A

B

C

D

E

F

G

H

I

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z

こんにちは。

マクニカでインテル FPGA の技術サポートをしている インテル・F・ハナコです。

 

今回は、Intel® FPGA 開発ソフトウェア Quartus® Prime の有償ライセンス形態について説明します。

 

Quartus Prime には 3つのエディション があります。

 

Quartus Prime

Pro Edition

Standard Edition

Lite Edition

ライセンス

必要

必要

不要

有償/無償

有償

有償

無償

 

[関連情報] 「知る人ぞ知る、4つ目のエディション」

 

 

有償タイプの Standard Edition あるいは Pro Edition の購入を契約する場合、

ユーザーは Quartus Prime を使用するパソコン設置環境に応じた、以下のいずれかのライセンス形態を選択する必要があります。

 

・ FIXED サブスクリプション

・ FLOATING サブスクリプション

 

以下に、それぞれの特徴を説明します。

FIXED サブスクリプション

いわゆる “スタンドアロン・ライセンス” です。
プラットフォームは Windows または Linux です。

その際のオペレーティング・システム(いわゆる OS)は、Quartus Prime がサポートしている OS に限ります。
Quartus Prime を使用するパソコンを決定し、そのパソコンに搭載されている NIC ID に対してライセンスを申請・発行します。
一つのライセンスを一台のパソコンで使用するので、Quartus Prime を使用するパソコンは固定されます。

[メリット]
・社内ネットワークに未接続の環境でも Quartus® Prime を使用できる(ポータブル性が良い)
・ライセンス・ファイルの設定が簡単!
 <参考> インテル FPGA ツールのライセンス設定方法(Fixed / 環境変数の LM_LICENSE_FILE 編)

 

[デメリット]
・ライセンス・ファイルが共有できない
・対象のパソコンが持ち出されるなどでその場に無いと、別のユーザーが使用できない。

FLOATING サブスクリプション

いわゆる “ネットワーク・ライセンス” です。
社内ネットワークに接続されているパソコンであれば、どのパソコンでも Quartus Prime を使用する権利があります。

ただしツールを同時に使用できるパソコンの台数は、契約したライセンスの本数以下です。

(Quartus Prime をインストールするパソコンの台数に制限はありません。)

なお Floating サブスクリプションは、同一ネットワーク内にライセンスを管理するパソコン(通称 ライセンス・サーバー)が必要で、FLEXlm ソフトウェアをインストールして運用します。

その際、Quartus Prime を使用するパソコン(通称 クライアント・マシン)がライセンス・サーバーを兼任することも可能です。
ライセンス・サーバー・マシンおよびクライアント・マシンのプラットフォームは Windows または Linux です。

その際、ライセンス・サーバーの OS が Ubuntu などの Debian 系ディストリビューションの場合には、Linux Standard Base (LSB) 3.0 以上のインストールが必要です。

クライアント・マシンの OS は QuartusPrime がサポートしている OS に限ります。
ライセンス・ファイルは、ライセンス・サーバーであるパソコンの NIC ID(サーバーが Linux の場合には HOST ID)に対して申請・発行します。

[メリット]
・Quartus Prime を利用するユーザーが限定されない(Quartus Prime をインストールする台数は無制限)
・パソコンをほかのユーザーと共有する必要がない
・契約本数の範囲内で Quartus Prime を同時に使用できる
・管理者はライセンスの使用状況を把握できる

 

[デメリット]
・ネットワークに接続していないと Quartus Prime が使用できない
・ネットワークに不具合が発生した場合、Quartus Prime が使用できない
・ライセンス・サーバーがダウンした場合、Quartus Prime が使用できない
・ライセンス・ファイルの編集や、ライセンス管理ツール FLEXlm の設定が必須
 <参考> インテル FPGA ツールのライセンス設定方法(Floating / 環境変数の LM_LICENSE_FILE 編)
・Fixed サブスクリプションよりも価格が高い

 

 

以上の特徴を把握し、自分の環境に適したライセンス形態のご利用をご検討ください。

おすすめ記事/資料はこちら

Quartus Prime と他社製ソフトウェアのネットワーク・ライセンスを同一サーバー・マシンで管理する方法

インテル FPGA ツールのライセンス設定方法(Fixed / 環境変数の LM_LICENSE_FILE 編)

インテル FPGA ツールのライセンス設定方法(Floating / 環境変数の LM_LICENSE_FILE 編)

Quartus - サポート Windows OS 対応表