有償のインテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア、および有償の IP を使用するには、ライセンスファイルが必要です。

 

[参考] 新規ライセンス購入時のライセンスを取得する方法

ライセンスファイルを取得後、ライセンス形態に応じてパソコンにライセンスファイルを設定します。

 

ライセンス形態

Fixed ライセンス

Floating ライセンス

特徴

スタンドアロン・ライセンス ネットワーク・ライセンス
サポート OS Windows Windows および Linux
作業内容

✔ ライセンスファイルをローカル PC に保存

✔ ローカル PC のライセンス設定

✔ ライセンスファイルをライセンスサーバーに保存・編集

✔ ライセンスサーバーの FLEXlm セットアップ

✔ クライアント PC のライセンス設定

 

ここでは、Fixed ライセンスの設定方法 をご案内します。

 

Floating ライセンスの設定方法は、こちら をご覧ください。

Fixed ライセンスと Floating ライセンスの概要については、こちら をご覧ください。

1. ライセンスファイルをパソコンに保存

ライセンス申請時に紐づけた NIC ID を所有するパソコンのローカルドライブに、ライセンスセンターから取得したライセンスファイルを保存します。

 

[保存ルール]

・ファイル名は任意 (半角英数字のみ使用可。拡張子は .dat)

・保存するフォルダパスに、全角およびスペースは使用不可

 

例: C:\intelFPGA\license\intel_lic.dat

2. ライセンスを設定する

ライセンスを設定する方法は、以下の2種類があります。

お好みでいずれかの設定方法を選択してください。

設定の種類

メリット

a.

Quartus Prime の

メニュー上で設定する

・設定が簡単

・使用する Quartus Primeのバージョンごとに参照させるライセンスを設定できる

b.

Windows の環境変数で設定する

・使用する Quartus Prime の複数バージョンを一括で設定できる

・ModelSim® - Intel® FPGA Edition のライセンスを購入している場合、このライセンス設定も同時に行える

2a. Quartus Prime のメニュー上で設定する

① Quartus Prime を起動します。

  License Setup Required ダイアログボックスが表示されますので、

 

  If you have a valid license file, specify the location of your license file

 

  を選択し、OK ボタンをクリックすると、License Setup ダイアログボックスが自動的に起動します。

License Setup Required ダイアログボックス

 

② License file 欄にライセンスファイルのパスを指定します。(ブラウズボタンを活用してください。)

License Setup ウィンドウ

  ライセンスファイルがロードされ、Current license および Licensed AMPP/MegaCore functions 情報がダイアログボックスに表示されます。

 

 [Note]

 ・ 使用するライセンスファイルが、IP ライセンスのみ(Quartus Prime ライセンスは無し)でご利用の場合、

   Current license 枠内は Not found 表示になります。

 ・ Quartus Prime Pro および Standard Edition を購入したユーザーが無償で使用できる IP Base Suite ライセンスのラインナップのうち、

   DDR3 SDRAM High-Performance Controller supporting UniPHY などの外部メモリ・コントローラ IP は、Licensed AMPP/MegaCore functions

   には表示されませんが、利用することができます。

   (IP Base Suite のインテル FPGA IP ファンクションの内容は、こちら をご覧ください。)

 

③ ダイアログボックスを OK ボタンで閉じます。

 

以上で、ライセンスファイルの設定は完了です。

Quartus Prime をご利用ください。

2b. Windows の環境変数で設定する

① Windows のコントロール パネルから [システム] を選択します。

コントロール パネル

② [システムの詳細設定] を選択し、システムのプロパティにおいて [詳細設定] タブから [環境変数(N)] ボタンをクリックします。

システムのプロパティ

 

 既存する環境変数に

 LM_LICENSE_FILE がない ⇒ 手順 ③ へ進みます。

 LM_LICENSE_FILE がある ⇒ 手順 ④ へ進みます。

 

 

③ [新規(W)] ボタンをクリックし、以下の変数を登録します。

 (ユーザー環境変数とシステム環境変数のどちらに設定するかは任意です。パソコンの管理者にご相談ください。)

変数名 LM_LICENSE_FILE
変数値 保存したライセンスファイル(.dat)の絶対パス

新しいシステム変数

 すべてのダイアログボックスを OK ボタンで閉じます。

 手順 ⑤ へ進みます。

 

 

④ LM_LICENSE_FILE の行を選択し [編集(I)] ボタンをクリックします。

 既に変数名 LM_LICENSE_FILE に登録されている内容に、保存したライセンスファイル(.dat)の絶対パスを変数値として

 追加または変更します。

 もし複数の変数値を設定する場合は、半角のセミコロン( ; ) で区切り、登録してください。

システム変数の編集

 すべてのダイアログボックスを OK ボタンで閉じます。

 手順 ⑤ へ進みます。

 

 

⑤ Quartus Prime を起動し、Tools メニュー > License Setup をクリックします。

  License file 欄にライセンスファイルのパスが登録されていることを確認します。

License Setup ウィンドウ

 

 “Use LM_LICENSE_FILE variable” オプションにより、License Setup メニューと Windows の環境変数とを使い分けることが可能です。

 

 ライセンスファイルがロードされ、Current license および Licensed AMPP/MegaCore functions 情報がダイアログボックスに表示されます。

 

 [Note]

 ・ 使用するライセンスファイルが、IP ライセンスのみ(Quartus Prime ライセンスは無し)でご利用の場合、

   Current license 枠内は Not found 表示になります。

 ・ Quartus Prime Pro および Standard Edition を購入したユーザーが無償で使用できる IP Base Suite ライセンスのラインナップのうち、

   DDR3 SDRAM High-Performance Controller supporting UniPHY などの外部メモリ・コントローラ IP は、Licensed AMPP/MegaCore functions

   には表示されませんが、利用することができます。

   (IP Base Suite のインテル FPGA IP ファンクションの内容は、こちら をご覧ください。)

 

⑥ ダイアログボックスを OK ボタンで閉じます。

 

以上で、ライセンスファイルの設定は完了です。

Quartus Prime をご利用ください。

 

 

おすすめ記事/資料はこちら

インテル® FPGA の開発フロー/FPGA トップページ

おすすめ FAQ はこちら

インテル® FPGA 関連の FAQ