Mpressionとは

マクニカのオリジナル技術ブランド Mpression

マクニカのオリジナル技術ブランド Mpressionの画像

電子機器の高度化・複雑化が進み、企業のコストやマンパワーが限られるなか、製品開発期間も短期化の傾向が見られます。

また、これまでのエレクトロニクス業界以外でも開発機運が高まっており、従来にない開発ニーズが生まれはじめています。

マクニカは、そうした開発現場の課題を解決するために、社内外の経験豊富な技術者のノウハウを詰め込んだ、より高度ですぐに使えるサービス・ソリューションを開発しました。それがオリジナル技術ブランド、「Mpression(エムプレッション)」です。

半導体、ネットワークを中心に、お客さまの「設計開発の課題解決」と「イノベーション」の加速をサポートする製品・サービスを展開。よき相談相手としてお客さまに寄り添います。

お客さまの設計開発をサポート

設計開発ソリューション

設計開発ソリューションの画像

お客さまにIC製品をご検討いただく際に、実際の応用例に近い環境でパフォーマンスや機能を容易に評価するほか、試作前のコンセプト段階でも検証しやすいプラットフォームをエンジニア目線で企画。長年の技術サポートで培った、かゆいところに手が届くノウハウを盛り込み、ボードを開発しています。

近年の信号線の高速化で問題になるシグナルインテグリティ(SI)、低電圧化・多電源化で問題になるパワーインテグリティ(PI)なども十分に考慮し検証されたボード群は、お客さまが製品を設計する際の参考となるように、お問い合わせ内容や製品によっては、設計データのご提供もしています。

お客さまのイノベーションをサポート

プロトタイピングキット・モノづくり支援

プロトタイピングキット・モノづくり支援の画像

近年、3Dプリンターやオープンソースハードウェアなどを活用したものづくりの現場では、ベンチャー企業や個人を中心に、IoT市場へ向けた最先端のセンサーやマイコン、ワイヤレスデバイスへの要求が多くなっています。特に従来のハードウェア開発を専門とするエンジニアだけでなく、ソフトウェアエンジニアやWebデザイナーなどが簡単に使用できる、プロトタイピングキットへのニーズは高いといえます。

そこでマクニカでは、新しいモノづくりのニーズに応え、アイディアの創出支援から開発サポート、量産サポートまでワンストップのサービスを提供しています。

アイディアからのモノづくり相談

詳細はこちら

Makers / スタートアップ支援

詳細はこちら

サイバーセキュリティ向け製品・サービス

サイバーセキュリティ向け製品・サービスの画像

多くの企業がサイバー攻撃を未然に防ぐためにさまざまなセキュリティ製品の導入を進めてきました。しかし攻撃手法は年々巧妙化し、日本国内企業のみを狙う手法も多いため、世界で蓄積した脅威インテリジェンスでは対応が困難なケースも発生しています。

増加するセキュリティインシデントに自社のみで対応するには高度なセキュリティ知識が必要となる一方、対応に時間がかかるほど被害が拡大する可能性が高まります。

そこでマクニカでは、日本の企業や組織を狙う攻撃に重点を置いたセキュリティ侵害調査サービスを開始。また、お客さまがセキュリティインシデントへの対応を迅速におこなえるよう支援する24時間365日受付可能の相談窓口を設置。希望に応じインシデント対応、調査、対策サービスを総合的に展開しています。

お問い合わせ