インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア 19.1 以降のインストーラーには、Nios® II Software Build Tools for Eclipse (以下 Nios II SBT) 用の Cygwin と Eclipse が付属しなくなりました。さらに、Quartus Prime Pro Edition 19.2 および Quartus Prime Standard Edition 19.1 以降では、Cygwin ではなく Windows Subsystem for Linux (以下 WSL) を使用するため、WSL と Eclipse のインストールが必要です。

 

ここでは、Windows 10 環境下 の Quartus Prime Pro Edition 19.2 を用いて、WSL と Eclipse のインストール方法をご紹介します。

 

※ 注意点 ※
WSL は Windows 10 でのみ動作します。そのため、Windows 7 環境下の Quartus Prime 19.2 では Nios II SBT を使用することはできません。

[参考] WSL とは?

 

なお、Quartus Prime Pro Edition 19.1 は WSL ではなく Cygwin を使用しますので、こちらのページを参考にインストール作業を行ってください。

WSL インストール手順

ここでご案内する方法は、Installing Windows Subsystem for Linux (WSL) on Windows (Nios® II Software Developer Handbook より) の内容を実施した結果を元に説明しています。

1. WSL (Ubuntu 18.04 LTS) をダウンロード

Microsoft* Store にて、Ubuntu 18.04 LTS をダウンロードします。

2. Ubuntu 18.04 LTS をインストール

Ubuntu 18.04 LTS をクリックします。Ubuntu の端末が起動し、

Installing, this may take a few minutes...

が表示されるので、しばらく待ちます。

 

※ 注意点 ※

Ubuntu 18.04 LTS が起動しない場合、Windows の設定を変更する必要があります。
Windows 設定

→ アプリと機能

 → プログラムと機能

  → Windows の機能の有効化または無効化

   → Windows Subsystem for Linux のチェックを入れる

 

username と password を聞かれますので設定を行い、インストールを完了します。

Please create a default UNIX user account. The username does not need to match your Windows username.
For more information visit: https://aka.ms/wslusers
Enter new UNIX username:
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:

3. コマンドを入力して、パッケージをインストール

下記すべてのコマンドを実行し、各種パッケージを更新およびインストールします。

$ sudo apt update 
$ sudo apt upgrade
$ sudo apt install wsl
$ sudo apt install dos2unix
$ sudo apt install make

上記のすべてのコマンドを実行し、各種パッケージのインストールが完了すれば WSL のインストールが完了です。

 

 ※ 補足 ※

 社内ネットワークなどでプロキシがある場合は、apt コマンドを実行する前に、次のプロキシ設定を行っておきます。

 ① Ubuntu 18.04 LTS のプロンプトから vi エディターで、 /etc/apt/apt.conf ファイルを編集します。

$ sudo vi /etc/apt/apt.conf

 ② vi エディター起動後、i をタイプすると入力モードになるので、下記のようなプロキシを追記します。

Acquire::http::proxy "http://your.proxy.address:proxy.port";
Acquire::https::proxy "https://your.proxy.address:proxy.port";
Acquire::ftp::proxy "ftp://your.proxy.address:proxy.port";

  上記のプロキシ設定において、
  your.proxy.address は プロキシアドレス
  proxy.port は プロキシポート番号 を意味します。

 

 ③ 書き込みをして終了させるために、ESC キーを 1 回押してコマンドモードにし、:wq をタイプ入力します。

  (vi エディターの使い方についての詳細は Google 検索などでご確認ください。)

4. Nios II Command Shell を起動し、正しくインストールできているかを確認

Windows のスタートメニューから、Intel FPGA 19.2 Pro Edition > Nios II Command Shell を選択し、

以下のように Nios II Command Shell Version 19.2 が起動すれば、正しくインストールできています。

Nios II Comannd Shell の起動

Eclipse インストール手順

Eclipse のインストール手順は、下記コンテンツをご覧ください。

 

Quartus® Prime Pro Edition 19.1 で Nios® II Software Build Tools / SoC Embedded Development Suite を使用する際のインストール手順

Nios II SBT の起動確認

Nios II SBT の起動を確認します。


① Nios II Command Shell を起動します。


② eclipse-nios2.exe コマンドを実行します。

eclipse-nios2.exe コマンドを実行

③ Nios II SBT が起動することを確認します。

 

 

※ 注意点 ※
・ 現状、Nios II SBT の起動を Nios II Command Shell から行わずに、Windows スタートメニューや Quartus Prime から起動した場合、

  Nios II SBT がうまく動作しない状態になります。

  そのため、上記 Nios II SBT の起動確認 の方法で起動してください。

  [参考 KDB] Error: Failed to execute: wsl ./create-this-app –no-make

 

・ 従来のように ".exe" をつけずにコマンドを実行するとコマンドが認識されませんので、

  上図 (eclipse-nios2.exe コマンドを実行) の様に "***.exe" と入力してください。User Guide の Note にも記載されています。

  [User Guide] <Note> Nios® II Software Developer Handbook 

 

 

 

以上が、Quartus Prime Pro Edition 19.2 および Standard Edition 19.1 以降における Nios II Software Build Tools 環境構築方法です。

 

WSL とは?

WSL (Windows Subsystem for Linux) とは、

・ Windows 10 から Linux を利用するための仕組みです

・ Windows 10(Fall Creators Update、バージョン 1709 以降)で利用可能です

・ 従来 Windows 上で Linux を使用する場合は、仮想マシン環境を導入する必要がありましたが、

  WSL を利用することで簡単に低オーバーヘッドで Linux を使うことができます

・ WSL 側からは、Windows OS 側の全てのファイル (Windows がアクセス禁止していないもの) やフォルダにアクセスすることができます

 

 

おすすめ記事/資料はこちら

Quartus® Prime Pro Edition 19.1 で Nios® II Software Build Tools / SoC Embedded Development Suite を使用する際のインストール手順

Nios II 関連の記事や資料

インテル® FPGA の開発フロー/FPGA トップページ

おすすめ FAQ はこちら

Nios II 関連の FAQ

インテル® FPGA 関連の FAQ