インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア Pro Edition 19.1 のインストーラーでは、Nios® II Software Build Tools for Eclipse (以下 Nios II SBT) / インテル SoC FPGA Embedded Development Suite (以下 SoC EDS) 用の Cygwin と Eclipse が付属されません。そのため、Eclipse と Cygwin を別途インストールする必要があります。

ここでは、Linux / Windows の環境において Quartus Prime の Nios II SBT および インテル SoC EDS を使用する際の Cygwin と Eclipse のインストール方法を紹介します。

 

なお、Quartus Prime Pro Edition 19.2 および Quartus Prime Standard Edition 19.1 以降では、Cygwin ではなく WSL (Windows* Subsystem for Linux*) を使用するため、インストール方法が異なります。詳細はこちらのページをご覧ください。

Cygwin/Eclipse インストール対応表

以下は、Quartus Prime Pro Edition 19.1 環境における Cygwin と Eclipse のインストールの必要性を示しています。

○ は、別途インストールが必要であることを意味します。

 

Operating System (OS)

使用するツール

Cygwin

Eclipse

Windows Nios II SBT

SoC EDS

Linux Nios II SBT

SoC EDS

※ SoC EDS で使用する Arm® Development Studio 5 Intel® SoC FPGA Edition (DS-5) でも Eclipse が使用されますが、こちらは個別インストールは不要です。以前のバージョンと同様に DS-5 のインストーラーに Eclipse が付属しています。

Cygwin インストール手順

Windows にて Nios II SBT および SoC EDS を Cygwin で使用するには、以下の手順で Cygwin コンポーネントをインストールしてください。

ここでご案内する手順は、メーカー Web サイトの Knowledge Data Base (KDB) でも公開されていますので、あわせてご参照ください。

 

[参考 KBD] How do I install Cygwin for NiosEDS and SoCEDS?

 

 

1. Cygwin の公式 Web サイトから、setup-x86_64.exe をダウンロードします。

 

2. Windows のコマンド プロンプトを開いて、setup-x86_64.exe が保存されているディレクトリーまで Change Directory をします。

  <インストールするパス>
  ・Nios II SBT: C:/ intelFPGA_pro/<version>/quartus/bin64/cygwin
  ・SoC EDS : C:/intelFPGA_pro/<version>/embedded/host_tools/cygwin

 

3. 以下のコマンドをすべて1行もして実行します。
 (<<<Path Cygwin Installer>> を上記のインストールするパスに変更します。)

setup-x86_64.exe --wait --quiet-mode --root <<<Path Cygwin installer>> --site http://cygwin.mirrors.hoobly.com --packages make,gcc-core,gcc-g++,ncurses,inetutils,openssh,mosh,patch,flex,bison,tar,bzip2,zip,unzip,util-linux,git,subversion,vim,xxd,m4,wget,dos2unix,libintl devel,diffutils,libncurses-devel,iperf,xorg-server,xinit,mingw64-x86_64-gcc-core,mingw64-x86_64-gcc-g++
インストール コマンド

 

4. すべてのインストールが終了するのを待ちます。

Cygwin インストール・ポップアップ

 

5. コマンド プロンプトに "Ending cygwin install" と表示されたら終了です。

インストール終了コマンド

Nios II SBT、SoC EDS を両方インストールする場合は、それぞれ個別に 2~5 の手順を繰り返してください。

以上で、Cygwin のインストールは終了です。

Eclipse インストール手順

Nios II SBT を使用する場合、ツールをインストール後のデフォルト状態では Eclipse がインストールされていないため、Nios II SBT for Eclipse は起動しません。

以下の手順で Eclipse をインストールしてください。

ここでご案内する手順は、メーカー Web サイトの Knowledge Data Base (KDB) でも公開されていますので、あわせてご参照ください。

 

[参考 KBD] Is the Nios® II Software Build Tools (SBT) for Eclipse included in the full installation of the Intel® Quartus® Prime Pro Edition software version 19.1?

 

1. 上記 KDB のダウンロード・リンクから CDT 8.8.1 をダウンロードします。

KDB の Web ページ

 

2. ダウンロードしたファイル eclipse-cpp-mars-2-win32-x86_64.zip を <Quartus Prime インストール・ディレクトリー>/nios2eds/bin に展開します。

  展開後、eclipse フォルダーが表示されます。

eclipse フォルダー生成

 

 

3. eclipse フォルダーの名前を eclipse_nios2 に変更します。

 

4. eclipse_nios2_plugins.zip(Linux の場合は tar.gz)を bin フォルダー内に展開します。eclipse_nios2 のフォルダーが上書きされます。

eclipse_nios2 に名前を変更し、eclipse_nios2_plugins.zip を展開

 

5. eclipse_nios2 フォルダー内を確認します。plugin_customization.ini が生成され、Nios II SBT for Eclipse を起動できれば、インストール完了です。

plugin_customization.ini を確認

以上で、Eclipse のインストールは終了です。

 

 

おすすめ記事/資料はこちら

Quartus® Prime Pro Edition 19.2 および Standard Edition 19.1 以降における Nios® II Software Build Tools 環境構築⽅法 (Windows Subsystem for Linux と Eclipse のインストール)

インテルの SoC FPGA(SoC FPGA 関連情報まとめページ)

SoC FPGA 関連の記事や資料

Nios II 関連の記事や資料

インテル® FPGA の開発フロー/FPGA トップページ

おすすめ FAQ はこちら

SoC FPGA 関連の FAQ

Nios II 関連の FAQ

インテル® FPGA 関連の FAQ