Nios® II プロセッサーはインテル® FPGA のために設計された 32 ビット組み込み用途向けプロセッサー・アーキテクチャーです。

Nios® II は、DSP からシステム制御までの幅広い組み込みコンピューター用途に適しています。

 

このページでは、Nios® II を使用するユーザー向けに、開発に必要な情報やコンテンツをご紹介します。

下記ボタンをクリックして、知りたい情報にアクセスしてください。

 

*Nios® II エンベデッド・デザイン・スイート(以下、Nios® II EDS)
*Nios® II Software Build Tools for Eclipse(以下、Nios® II SBT)

 

Nios® II コンテンツ集です
Nios® II に関する弊社情報をまとめたポータルサイトです。Nios® II 開発に役立つ各種コンテンツがそろっています。Nios® II Boot 方法や Nios® II SBT ノウハウ FAQ などもご用意しています。

Nios® II インテル® ユーザーガイド集
Nios® II 関連のユーザーガイドがすべてそろっています。

Nios® II に関する FAQ
弊社でご用意している FAQ 集です。

最新バージョンは環境構築が必要です
Ver 19.1_Standard、 Ver19.2_Pro 以降、WSL の有効化と Eclipse のインストールが必要になっています。そちらの環境構築方法について記載しています。

Nios® II SBT 開発方法について
Nios® II ソフトウェア開発に必要な項目を簡潔にまとめた資料で、3部構成になっています。

Nios® II 演習コンテンツ
Nios® II を初めて触る方向けの演習コンテンツをご用意しています。Nios® II System の作成方法、Nios® II SBT の操作方法、 Nios® II Boot 方法まで学ぶことができます。

Boot 方法を知りたい方へ
Nios® II の Boot 方法は数多くあり、Boot 方法をまとめているコンテンツになります。Configuration ROM から Boot する方法や、On Chip RAM から Boot する方法等ございます。

Flash ROM にアクセスしたい方へ
Nios® II と Flash ROM を接続するための、Flash Controller をまとめたコンテンツです。Boot 構成によっては、Flash Controller が必要になりますので、Boot 方法と合わせてご覧ください。

Memory Test を行いたい方へ
Flash Controller と Nios® II が接続できているか確認する際、こちらをご使用ください。Nios® II HAL API に対応している Flash Controller で使用することができます。

サンプルデザインをお探しの方へ
インテル® の Design Store ページ。
条件を設定して Design Examples を探せるページです(デザインのダウンロードは無償)。

インテル® 公式 Knowledge Base です
インテル® FPGA 製品を使いこなすためのヒントや問題解決の方法などが公開されています。

公式コンテンツをお探しの方へ
インテル® 公式の Nios® II 開発サポートページです。開発の手助けになるような資料とコンテンツがまとめられています。

1. Nios® II とは?

全てのインテル® FPGA に搭載可能な 32 ビットの RISC ソフトコア・プロセッサーです。

ソフトコアのため、システムの設計者が所望の Nios® II コア(Nios® II/f [Fast]、Nios® II/e [Economy])を選定して生成し、キャッシュのサイズや演算器の実装など通常のマイコンでは固定のものも設定が可能です。

※ Nios® II/e [Economy] は、無償で利用可能です。

Nios® II プロセッサーの設定例

また、ペリフェラルも設計者自身で選択するため、アドレスマップも自由に決定することが可能です。

ペリフェラルの追加とアドレス設定例

Nios® II の世代(Generation)について

Nios® II には、以下 2 つの世代(Generation)が存在します。

・ Nios® II Classic プロセッサー(または Nios® II Gen 1 プロセッサー)

・ Nios® II プロセッサー(または Nios® II Gen 2 プロセッサー)

Nios® II プロセッサーの世代 (Generation)

Nios® II Classic プロセッサー機能の開発は、Quartus® II 14.0 のリリースをもって終了し、Nios® II Gen2 プロセッサーは、Quartus® II 14.1 リリース以降でのみ使用できます。

Classic プロセッサーは継続してサポートされますが、今後の設計においては Gen2 コアを使用することをメーカーではおすすめしています。

Web サイト上には、Classic プロセッサー用の資料も存在していますので、ご使用の Nios® II プロセッサーに適した資料やサンプルをご利用ください。

 

【参考】 Nios® II Gen2 プロセッサー・リファレンス・ガイド

 

注記 :

 基本的に Nios® II Gen 2 は Nios® II Classic の上位互換になっていますが、一部機能で差異があるものがありますのでご注意ください。
 本ページでは主に Nios® II Gen 2 プロセッサーの情報を掲載しています。

▲ ページトップへ戻る

2. Nios® II 開発に必要なツールと開発フロー

Nios® II の開発フローとしては、「ハードウェア開発プロセス」 と 「ソフトウェア開発プロセス」 に分けられます。

ハードウェア開発プロセスでは、Nios® II 自体の設定やペリフェラルの設定をインテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアに含まれるプラットフォーム・デザイナー(Platform Designer、旧 Qsys)で行います。

ソフトウェア開発プロセスでは、Nios® II EDS に含まれる一般的な Eclipse ベースの Nios® II SBT にて行います。

ハードウェア開発プロセス(Platform Designer)

 

・ Nios® II ハードウェアは、Platform Designer を使用してデザインします。

・ Quartus® Prime パッケージのコンポーネントを使用し Nios® II システムの設定と生成を行います。

  Platform Designer でハードウェアの設定を生成を終えた後、Quartus® Prime は合成、ターゲットの FPGA システム全体の配置と接続の実装を行います。

・ 設定のための GUI によりユーザーは Nios® II の詳細な実装を選択することができ、ペリフェラルと I/O ブロック(タイマーやメモリー・コントローラー、シリアル・インターフェースなど)を組み込むことができます。

 

【参考】 Quartus® Prime Platform Designer (旧 Qsys) システム統合ツール

Platform Designer を使ったデザイン例

ソフトウェア開発プロセス(Nios® II SBT)

・ Nios® II EDS は、Nios® II ソフトウェア・デザイン用の包括的な開発パッケージです。

・ Nios® II EDS には開発ツールだけではなく、ソフトウェア、デバイスドライバー、ベアメタル・ハードウェア抽象化レイヤー(HAL)ライブラリーなどが含まれています。

・ Nios® II EDS に含まれる、Nios® II SBT は、編集、ビルド、デバッグなど、すべての Nios® II ソフトウェア開発作業を行うことができる統合環境です。

 

【参考】 Nios® II SBT によるソフトウェア開発

Nios® II SBT によるソフトウェア開発例

▲ ページトップへ戻る

3. Nios® II のパートナー・リンク

Nios® II プロセッサーのエコシステム

エンベデッド・オペレーティング・システム(OS)

下表に、Nios® II をサポートしているオペレーティング・システム(OS)をご案内します。

 

オペレーティング・システム

ベンダー

eCosPro® eCosCentric
eCos® Zylin
embOS Segger
Euros® Euros
FreeRTOS™ FreeRTOS
Linux™

RocketBoards.org

(オープンソース・コミュニティー)

µC/OS-II™

(Nios® II EDS に含まれる評価版で、ライセンスは別扱いです)

Micrium

(日本代理店: テクノ・ロジックより提供)

TargetOS™ Blunk Microsystems
ThreadX®

Express Logic

(日本代理店: グレープシステムより提供)

Toppers Toppers
µCLinux

インテル® FPGA Wiki

(オープンソース・コミュニティー)

µC3® イー・フォース
Zephyr™

Zephyr

(Linux™ Foundation プロジェクト)

表3-1: Nios® II をサポートしているオペレーティング・システム

ミドルウェアとグラフィックス・ライブラリー

下表に、Nios® II をサポートしているミドルウェアとグラフィックス・ライブラリーをご案内します。

 会社名

OS サポート

ネットワーク・スタック

ファイルシステム

グラフィックス

・ライブラリー

 USB スタック

その他 

eCosCentric eCosPro®

 内蔵

 内蔵

-----

-----

-----

Express Logic
(日本代理店: グレープシステムより提供)
ThreadX® NetX™ FileX® GUIX USBX

-----

InterNiche

 任意

NicheStack TCP/IP ネットワーク・スタック – Nios® II エディション
(Nios® II EDS に含まれますが、ライセンスは別扱いです)
 

-----

 -----

-----

-----

Mentor Graphics Nucleus® Nucleus Networking Nucleus Storage Nucleus UI Nucleus USB

-----

Micrium
(日本代理店: テクノ・ロジックより提供)
µC/OS-II™ Micrium TCP/IP µC/OS-FS µC/OS GUI Micrium USB µC/OS CAN
Micro Digital

任意

-----

-----

-----

-----

GoFast® 浮動小数点ライブラリー
インテル® FPGA

任意

Design Store 読み取り専用 Zip ファイルシステム
(Nios® II EDS に含まれます)
Design Store

-----

-----

TES

任意

-----

-----

DAVE 2D & 3D

-----

-----

uGFX

任意

-----

-----

uGFX

-----

-----

表3-2: Nios® II をサポートしているミドルウェアとグラフィックス・ライブラリー

ソフトウェア開発ツール

下表に、Nios® II をサポートしているソフトウェア開発ツールをご案内します。

 

供給ベンダー

製品

詳細

Mentor Embedded Sourcery CodeBench™ Nios® II プロセッサー・ベースのエンベデッド Linux™ 向けに GNU ツールチェーンをサポートします。
Altium Tasking* Toolset C コンパイラー、アセンブラー、リンカー、ロケーターを最適化します。
MIPS (旧 FS2) System Navigator Nios® II プロセッサー向け System Navigator プローブは、インテル® FPGA に組み込まれた Nios® II コアの特別な機能やペリフェラルをサポートします。
RocketBoard.org
(オープンソース・コミュニティー)
Linux™ ツールチェーン RocketBoard.org(オープンソース・コミュニティー)が提供する Linux™ ツールチェーンです。

インテル® FPGA Wiki

(オープンソース・コミュニティー)

µCLinux ツールチェーン インテル® FPGA Wiki(オープンソース・コミュニティー)が提供する µLinux ツールチェーンです。

表3-3: Nios® II をサポートしているソフトウェア開発ツール

 ▲ ページトップへ戻る

 

 

4. 公開されているサイトおよびサンプルデザイン

下表に、Nios® II システム関連情報ポータルページへのリンク先をご案内します。

 

公開元

名称

概要

インテル® FPGAs and Programmable Devices

Nios® II Processors Support

英語 / 日本語

インテル® の Nios® II 関連資料ページ

Nios® II Embedded Design Suite

英語 / 日本語

Nios® II EDS ページ
インテル® FPGA & SoC / 資料 / 資料一覧 ページ インテル® FPGA & SoC 製品の資料一覧ページ
デザイン例 インテル® の デザイン例ページ。
このページのカテゴリで "エンベデッド・プロセッサー" をクリックすると、Nios® II のデザイン例が表示されます。
ただし、対応する Quartus® Prime (Quartus® II)のバージョンが古いサンプルが多いです(ver.7.2 ~ ver.13.1)。
インテル® MAX 10 FPGA ファミリーおよびその開発キットをターゲットにしたデザインは、Design Store で入手可能です。
Design Store インテル® の Design Store ページ。
条件を設定して Design Examples を探せるページです(デザインのダウンロードは無償)。
Knowledge Base インテル® FPGA 製品を使いこなすためのヒントや問題解決の方法などが公開されています。

株式会社マクニカ 半導体事業トップページ

マクニカ Web サイト 技術情報 : Nios® II

マクニカ Web サイトの Nios® II 関連 技術情報 ページ

マクニカ Web サイト FAQ : Nios® II

マクニカ Web サイトの Nios® II 関連 FAQ ページ

株式会社マクニカ アルティマカンパニーのインテル® FPGA 技術 Web サイト

アルティマカンパニー技術サポート 技術コンテンツ: Nios® II アルティマカンパニー技術サポート Nios® II 関連 技術コンテンツページ

表4-1: Nios® II 関連情報のポータル

▲ ページトップへ戻る

おすすめ記事/資料はこちら

Quartus® Prime Pro Edition 19.1 で Nios® II Software Build Tools / SoC Embedded Development Suite を使用する際のインストール手順

Quartus® Prime Pro Edition 19.2 および Standard Edition 19.1 以降における Nios® II Software Build Tools 環境構築⽅法 (Windows Subsystem for Linux と Eclipse のインストール)

Nios® II 関連の記事や資料

インテル® FPGA の開発フロー/FPGA トップページ

おすすめ FAQ はこちら

Nios® II 関連の FAQ

インテル® FPGA 関連の FAQ