高精度アナログ回路用の電源評価ボードを開発

高性能なアナログ・デバイセズ社の電源ICを使用し、マクニカが電源評価ボードを開発しました。この電源評価ボードは、以下のような高精度アナログ回路の開発をご検討の設計者におすすめします。

 

・プラスマイナス電源

・高精度・高音質などの低ノイズ電源を必要としているアナログ回路

・絶縁のプラスマイナス電源

・システムのサブ電源用のAC/DC電源

 

新しい電源回路の導入の検討に評価をご希望のお客様は、こちらからお問い合わせください。

 

1. +/-12V Output Isolated DC/DC Board with LT8302

±12V出力DC/DC絶縁電源リファレンス・ボードLT8302
図1:±12V出力DC/DC絶縁電源リファレンス・ボード

PLC(プログラマブル・ロジック・コントローラー)やFA(ファクトリー・オートメーション)機器向けに特化した、±12V絶縁DC/DC電源のリファレンス・ボードです。

 

製品仕様

入力電圧
8~36V
出力電圧
±12V (±15Vに変更可能)
出力電流
400mA (入力電圧12V時)

 

+/-12V Output Isolated DC/DC ボード詳細ページ

 

2. 24V Output Isolated AC/DC Board with LT8315

24V出力AC/DC絶縁電源リファレンス・ボード LT8315
図2:24V出力AC/DC絶縁電源リファレンス・ボード

産業機器向けに、24V出力のAC/DC電源回路のリファレンス・ボードを開発しました。出力可能な電力は約3ワットで、制御基板やオプションボード用の電源として使用可能と考えています。

製品仕様

入力電圧
90~265VAC
出力電圧
24V
出力電流
140mA

 

24V Output Isolated AC/DCボード詳細ページ

3. +/-12V Output Multi-Topology DC/DC with LT8471

+/-12V 出力 Multi-Topology DC/DC電源リファレンス・ボード LT8471
図3:+/-12V 出力 Multi-Topology DC/DC電源リファレンス・ボード

音響機器や産業機器で使用される高精度アナログ回路に最適な、プラス・マイナス電源のリファレンス・ボードを開発しました。降圧/昇圧/昇降圧に対応しているため、幅広い入力電圧に対応して、オペアンプ用のプラス・マイナス電源を実現することが可能です。

製品仕様

入力電圧
6~36V
出力電圧
±12V
出力電流
1.1A(36V入力時)

 

+/-12V Output Multi-Topology DC/DCボード詳細ページ

4. Ultra-Low Noise, Ultra-High PSRR +/-12V DC/DC with LT3045 & LT3094

低ノイズ電源のリファレンス・ボード LT3045 & LT3094
図4:低ノイズ電源のリファレンス・ボード LT3045 & LT3094

音響機器、CCDや微小信号センサー処理回路に最適な0.8µVRMS(10Hz~100kHz)低ノイズ電源のリファレンス・ボードを開発しました。±12V出力は、超高PSRRのLDOで構成しているため、高精度アナログ回路に最適なリファレンス・ボードとなっています。

 

製品仕様

入力電圧
12.5V~20V、-20V~-12.5V
出力電圧
±12V
出力電流
Max 500mA 

 

+/-12V 出力超低ノイズ DC/DCボード詳細ページ

お問い合わせ / お見積もり

本ページの製品に関してご質問、お見積もりなどのご希望がありましたら以下よりお問い合わせください。

アナログ・デバイセズ メーカー情報Topへ

アナログ・デバイセズ メーカー情報Topページへ戻りたい方は、以下をクリックください。