過去記事「 LTspiceを使ってみよう - DC/DCコンバーターの動作確認」にて、LT8640というDC/DCコンバータのJIGファイルを使って自動的に効率計算をおこないました。今回は、マニュアルで効率計算をおこなう方法を、Short Videoにまとめました。

マニュアルで効率を確認してみよう!

アナログ・デバイセズ社のLTspiceモデルを使うと、電源の効率をシミュレーションで求めることができます。非常に便利な機能なので、よく電源選定の際に使用します。

 

LTspice上の効率計算では、安定動作のポイントを自動検出して効率計算するように設定し、自動的に効率を算出するようにします。しかし、まれに安定状態を検出できず、効率計算ができないモデルや条件が存在します。

 

今回、DC/DCコンバーター LT8640S のJIGファイルが、そのまれな条件に該当してしまいました。このような場合の対策方法として、マニュアルで効率計算を行う方法があります。マニュアルで効率計算を行う方法について、Short Videoにまとめてみました。 

 

※ 2020年2月28日現在は、自動算出できませんが、将来的に自動算出できるモデルに変更される場合があります。 

※ Short Videoは、字幕で説明しておりますので、音が出せない環境でも内容を確認することができます。

最後に

まだLTspiceを使ったことがない方は、下記のリンクよりLTspiceをダウンロードしてみてください!

ぜひ、一度お試しください。

LTspiceのダウンロードはこちら

おすすめ記事/資料はこちら

記事一覧:LTspiceを使ってみようシリーズ

おすすめセミナー/ワークショップはこちら

LTspice & 電源設計セミナー 導入編 <無料>

LTspice & 電源設計セミナー 応用編 <無料>

自席で学べるLTspice ~ ダイオード・モデルの追加方法 ~<無料>