インテル® FPGA の開発において Nios® V プロセッサー IP をご利用になるには、Nios V 用のライセンスファイルを取得する必要があります。

ライセンスの取得手続きは、メーカーのホームページ “セルフサービス・ライセンスセンター” でおこないます。

Nios® V には Nios® V/c、Nios® V/m、Nios® V/g があり、ライセンスは個別に取得する必要があります。

 

ここでは、 Nios ® V プロセッサー IP それぞれのライセンスファイルを取得する方法 をご案内します。

 

[Notes]

・ Nios® V/c の開発は、Quartus® Prime Pro Edition 23.3 からおこなえます。Standard Edition は今後のバージョンでサポート予定です。(バージョンは未定)

・ Nios® V/m の開発は、Quartus® Prime Pro Edition 22.2 以降を推奨し、Standard Edition は ver.22.1 から開発がおこなえます。

・ Nios® V/g の開発は、Quartus® Prime Pro Edition 23.1 からおこなえます。Standard Edition は今後のバージョンでサポート予定です。(バージョンは未定)

なお Nios V は今後アップデートが予定されておりますので、最新バージョンの Quartus® Prime で開発することを推奨いたします。

ライセンスの概要

Nios® V プロセッサー IP 用ライセンスの概要は、以下のとおりです。

 

ライセンスの申請および取得 無料
メンテナンス期間 ライセンス取得から1年間
ライセンス使用期限

永久

※ ライセンスのメンテナンス期限内にリリースされたバージョンの範囲内でご利用いただけます。

NIC ID の変更 (リホスト) 回数

ライセンスのメンテナンス期間中に 最大 3 回まで

作業フロー

Nios® V プロセッサー IP 用のライセンスファイルを取得するための作業フローは、以下4つです。

 

1

インテルアカウント

にサインイン

2

ライセンスセンター

にサインイン

3

新規パソコンを登録

4

ライセンスを

パソコンへ割り当てる

(ライセンスファイル発行)

 

以下より、各フローの詳細をご案内します。

インテルアカウントにサインイン

"インテル FPGA & プログラマブル・デバイス" のホームページ へアクセスし、画面右上の 人型のアイコン をクリックします。

サインイン用の画面が出現しますので、アカウント作成時に登録した メールアドレス を入力し [次へ] をクリックします。

[Notes]

アカウントをお持ちでない場合は、インテルアカウントに新規登録する方法 をご覧ください。

サインイン画面

Microsoft Azure AD の認証システムを経て、サインインが完了します。

 

もしも サインインがうまくいかない場合は、カスタマーサポート へお問い合わせください。

[Notes]

既存のサインイン用アカウントのメールアドレスが共有アドレス (グループアドレス) の場合は、現在ご利用いただけません。

管理者のメールアドレスを サインイン可能なメールアドレスにご変更いただく必要がございますので、弊社の担当者へお問い合わせください。

 

作業フローへ戻る

ライセンスセンターにサインイン

言語選択から "United States (English)" を指定し、再び画面右上の 人型のアイコン をクリックするとメニューが表示されます。(※ 日本語ではメニューが表示されない場合があります。)
ここから [Intel® FPGA Self Service Licensing Center] を選択します。

My Tools メニュー

ライセンスセンター用のサインインページが表示されます。

画面左に位置する [Already enrolled ? -Sign In here] をクリックしてサインインします。

[Notes]

ライセンスセンターに初めてサインインするお客様は、インテル® FPGA セルフサービス・ライセンスセンターに新規登録する方法 をご覧ください。

インテル FPGA セルフサービス・ライセンスセンターへサインイン

ライセンスセンターのトップページが表示されれば、アクセス完了です。

ライセンスセンターのトップ画面

作業フローへ戻る

新規にパソコンを登録

ライセンスを発行するパソコンの情報を新規に登録します。
すでにライセンスセンターに登録してあるパソコンに対してライセンスを紐づける場合は、

この作業をスキップし、ライセンスをパソコンへ割り当てる へ進んでください。

 

1. [コンピューターとライセンスファイル] メニューをクリックし、[すべてのコンピューター] を選択します。

  (登録済みのパソコン情報が表示されます。)

2. 画面右上にある [新規] をクリックします。
  ※ 注意! ”コンピューターの削除” 機能がないため、一度登録したパソコンの情報は削除できません。

コンピューターとライセンスファイル

 

3. 登録するパソコンの情報を入力します。

新規コンピューターの登録
項目 説明
プライマリー・コンピューター名 登録するパソコンのライセンス・センター上での識別名を入力します。
プライマリ・コンピューター名は、登録後に変更が可能です。
プライマリー・コンピューターの種類
NIC ID を選択します。
License Type

使用するライセンス形態を指定します。

FIXED または FLOAT から選択してください。

Primary Computer ID

FIXED で使用する場合は、Nios® V プロセッサー IP デザインを Quartus® Prime でコンパイルするパソコンの NIC ID を入力します。

(例えは、Nios® V プロセッサー IP ライセンスは FIXED、Quartus® Prime ライセンスは FLOAT という使用方法も可能です。)

 

FLOAT で使用する場合は、ライセンスサーバーに用いるパソコンの NIC ID または HOST ID を入力します。

コンパニオン ID 1 / 2

入力は任意です。

コンパニオン・ライセンスについては、コンパニオン・ライセンスを取得する方法 をご覧ください。

[Notes]

・License Type に FIXED を選択した場合にのみ表示される項目です。

・登録後、NIC ID を変更することはできますが、空欄にすることはできません。

・ライセンスを紐づけた後に これらの NIC ID を登録または変更した場合は、メンテナンス有効期間中に変更可能な ID 数 (最大3回) が減ります。

リダンダント・サーバー ID 1/2

ライセンスサーバーをリダンダント形式で運用している場合にのみ入力してください。

[Notes]

・License Type に FLOAT を選択した場合にのみ表示される項目です。

・登録後、NIC ID を変更することはできますが、空欄にすることはできません。

・ライセンスを紐づけた後に これらの NIC ID を登録または変更した場合は、メンテナンス有効期間中に変更可能な ID 数 (最大3回) が減ります。

 

4. [Save] ボタンクリックします。登録が完了したことを示すメッセージが表示されます。

 

5. [コンピューターとライセンスファイル] メニューに登録したパソコン情報が表示されることを確認できたら、登録完了です。

作業フローへ戻る

ライセンスをパソコンへ割り当てる

ライセンスを登録済みのパソコンに紐づけます。

  

1. [評価版または無料ライセンスの登録] メニューをクリックします。
 

2. 以下を参考に、製品リストから取得したい Nios® V ライセンスの項目を選択します。

   ・ Nios V/c ライセンスを希望  ⇒ (License: IP-NIOSVC) を選択

   ・ Nios V/m ライセンスを希望 ⇒ (License: IP-NIOSVM) を選択

   ・ Nios V/g ライセンスを希望  ⇒ (License: IP-NIOSVG) を選択

   [Notes]

    ライセンスセンターのご利用時期により、製品の掲載順は異なる場合があります。

   

3. 左下に位置するシート数欄に、申請する NIC ID に対するライセンス本数を入力します。

  FIXED の場合は 1、FLOAT の場合は運用する本数を入力してください。

 

4. [次へ] ボタンをクリックします。

開発する Nios® V の種類を選択

 

5. "既存のコンピューターを選択" のリストから Nios® V ライセンスを割り当てたい 登録済みのコンピューター情報を選択します。

 

6. 下部に記載された利用の同意およびフィードバックに関する内容を確認し、同意する場合は項目に ✔ をつけます。

コンピューターの割り当て

 

7. [作成] ボタンをクリックします。

  アカウント登録している E-mail アドレス宛てにライセンスファイルが送付されます。

 

添付されたライセンスファイルは、ライセンスを使用するパソコンに保存してください。ファイルの拡張子は.dat で保存することを推奨します。

ファイル名を変更する場合、ならびに保存するフォルダーパスには、全角およびスペースは使用しないでください。

取得したライセンスファイルは、ライセンス形態 (FIXED / FLOAT) に応じてライセンス設定をおこなってください。

発行済みのライセンスファイルは、ライセンスセンターで再発行が可能です。取得方法は、こちら をご覧ください。

 

作業フローへ戻る

 

Nios® V プロセッサー IP のライセンスファイルを取得する方法のご案内は、以上です。

関連記事

インテルアカウントに新規登録する方法

インテル® FPGA セルフサービス・ライセンスセンターに新規登録する方法

インテル® Quartus® Prime のライセンス形態

インテル® Quartus® Prime、IP および Questa* - Intel® FPGA Edition の FIXED ライセンス設定方法

インテル® Quartus® Prime、IP および Questa* - Intel® FPGA Edition の FLOAT ライセンス設定方法