条件を指定して絞り込む

現在1128件がヒットしています。check

記事カテゴリ
製品カテゴリ
メーカー

A

B

C

D

E

F

G

H

I

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z

LTspiceを使ってみようとインストールをしても、参考書を見ながら入力してみて途中で挫折したり、エラーが発生して所望の結果が得られなかったりしたことありませんか?  

その様なお悩みを解決する為、今回は、「Educational」というフォルダ内に事前に用意されているシミュレーション・ファイルを使用して、DC Sweep解析を行う方法をご紹介します。 

Educational フォルダ

「簡単!5ステップで回路図を書く方法」の記事では、JIG回路を読み出してスイッチング・レギュレータのシミュレーションを手軽に行えることを紹介しました。 

今回は、Educationalフォルダ内に用意されているファイルを活用します。 

DC Sweep解析用ファイルを開く

Educationalフォルダは、マイドキュメント → LTspiceXVII → examples → Educational の順で開くことができます。 

今回は、Educationalフォルダ内から「curvetrace.asc」と言うファイル開きます。 

すると、図1 のバイポーラ・トランジスタ2N222の回路図を開くことが出来ました。 
こちらのファイルを使用して、DC Sweepを確認します。 
DC Sweepは、DC的に値を変化させてデバイスの特性をシミュレーションします。

抵抗値を変化させた時の電圧値

DC Sweep解析の設定

DC Sweep解析の設定は、次の通りになります。 
①の赤いアンダーバー部分は、コレクタ・エミッタ間の電圧V1の設定です。
V1を0V~15Vまで10mVステップでスイープ(Sweep)すると言う意味になります。
文字の上で右クリックすると、Edit Simulation Commandが開きます(図2)。
1st Sourceを選択すると、V1の設定を確認することが出来ます。 

②の青いアンダーバー部分は、ベースに流す電流I1の設定です。
I1を20uA~100uAまで20uAステップで変化させる意味になります。
Edit Simulation Commandの2nd Sourceを選択すると、I1の設定を確認することが出来ます。

トランジスタ2N222のI-Vカーブ確認

RUNを実行すると、図3の様なI-Vカーブが得られます。
このファイルを使って少し修正することで、別のトランジスタのI-V特性の確認が出来ます。
また、電流源I1を電圧源に変更して、FETのI-V特性の確認を行えるので試してみてください。 

Educationalのフォルダ内には、今回ご紹介したDC Sweep解析以外のシミュレーション例があります。
是非、有効に活用頂ければと思います。

最後に

まだLTspiceを使ったことがない方は、下記のリンクよりLTspiceをダウンロードしてみてください!

ぜひ、一度お試しください。

LTspiceのダウンロードはこちら

おすすめ記事/資料はこちら

おすすめセミナー/ワークショップはこちら