エネルギー管理システム Kisense® Buildingsとは

Kisense® はエネルギー利用者、プロシューマ―、発電事業者などのすべての顧客ニーズに対応できる先進のエネルギー管理プラットホームです。

電気使用量などのレポート取得、リアルタイムのON/OFF制御、ピークカット、過去データとの比較でCO2削減量を可視化、設備異常の早期検知などを行うことができます。

Kisense® Buildingsの特徴

1 リアルタイムのエネルギー資産管理と利用の効率化

Webとモバイルアプリ用の先進の管理画面(ダッシュボード)&レポートでエネルギー利用を効率化します。

リアルタイムでエネルギー消費量を分析し、電力消費、アラート情報、その他各ユーザーのニーズに合わせたデータを管理画面(ダッシュボード)で簡単に確認することができます。定期レポートや、会社の多面的なレポートを自由にカスタマイズして、取得できます。

レポート機能を活用することで、

・エネルギー利用量を視覚的に把握

・電気料金や使用量チェックの時間短縮、コスト及び工数削減

などが可能です。

2 エネルギーの異常値検知とアラート

異常を検知し、アラートを送信する一連の動作をルール化することができるアラートツールです。

予防保全などで、予め閾値などを設定し異常を早期検知できます。異常発生時は、管理画面(ダッシュボード)の表示や、メール通知の設定が可能です。

3 再生可能エネルギーとバッテリーの管理

再生可能エネルギーおよびストレージの利用を最適化し、経済的な分析を行えるツールです。

ニーズに合わせた多彩な機能

  • 管理画面(ダッシュボード): 電力消費、アラート情報、その他各ユーザーのニーズに合わせたデータを簡単に確認することができます
  • データエクスプローラー  : 過去あるいはリアルタイムのデータを簡単に検索し、比較することができます
  • アラート         : 予防保全などで、予め閾値などを設定し異常を早期検知できます
  • 制御           : リアルタイムのON/OFF制御あるいはピークカットを行うためのプログラムの設定などを行うことができます
  • 解析           : 電力消費のプロファイルを過去データとの比較や、ヒートマップ・トレンド分析機能を使用して解析します
  • レポート         : 電力使用量などについてのレポートを柔軟に作成することができます
  • エネルギー使用料の表示  : 電気、水、ガスなどの使用料金をシステムに取り込み確認することができます
  • 再生可能エネルギー管理  : ROIの分析や異常値検出などをモニタリング
  • 最適化          : コスト削減を行うための最適化アルゴリズム
  • クラウドデータ連携    : 異なる施設、異なるシステムをクラウドで連携させることで一元管理・データ比較・分析ができます

Kisense®導入実績

導入事例

工場 × Kisense®

空港 × Kisense®

銀行 × Kisense®

ホテル × Kisense®