エネルギー管理システム Kisense® Buildingsとは

Kisense® はエネルギー利用者、プロシューマ―、発電事業者などのすべての顧客ニーズに対応できる先進のエネルギー管理プラットホームです。

電気使用量などのレポート取得、リアルタイムのON/OFF制御、ピークカット、過去データとの比較でCO2削減量を可視化、設備異常の早期検知などを行うことができます。

Kisense® Buildingsの特徴

1 リアルタイムのエネルギー資産管理と利用の効率化

Webとモバイルアプリ用の先進の管理画面(ダッシュボード)&レポートでエネルギー利用を効率化します。

リアルタイムでエネルギー消費量を分析し、電力消費、アラート情報、その他各ユーザーのニーズに合わせたデータを管理画面(ダッシュボード)で簡単に確認することができます。定期レポートや、会社の多面的なレポートを自由にカスタマイズして、取得できます。

レポート機能を活用することで、

・エネルギー利用量を視覚的に把握

・電気料金や使用量チェックの時間短縮、コスト及び工数削減

などが可能です。

2 エネルギーの異常値検知とアラート

異常を検知し、アラートを送信する一連の動作をルール化することができるアラートツールです。

予防保全などで、予め閾値などを設定し異常を早期検知できます。異常発生時は、管理画面(ダッシュボード)の表示や、メール通知の設定が可能です。

3 再生可能エネルギーとバッテリーの管理

再生可能エネルギーおよびストレージの利用を最適化し、経済的な分析を行えるツールです。

ニーズに合わせた多彩な機能

管理画面
(ダッシュボード)
電力消費、アラート情報、その他各ユーザーのニーズに合わせたデータを簡単に確認することができます
データエクスプローラー 過去あるいはリアルタイムのデータを簡単に検索し、比較することができます
アラート 予防保全などで、予め閾値などを設定し異常を早期検知できます
制御 リアルタイムのON/OFF制御あるいはピークカットを行うためのプログラムの設定などを行うことができます
解析 電力消費のプロファイルを過去データとの比較や、ヒートマップ・トレンド分析機能を使用して解析します
レポート 電力使用量などについてのレポートを柔軟に作成することができます
エネルギー使用料の表示 電気、水、ガスなどの使用料金をシステムに取り込み確認することができます
再生可能エネルギー管理 ROIの分析や異常値検出などをモニタリング
最適化 コスト削減を行うための最適化アルゴリズム
クラウドデータ連携 異なる施設、異なるシステムをクラウドで連携させることで一元管理・データ比較・分析ができます

Kisense®導入実績

導入事例

工場 × Kisense®

BEFORE

工場のエネルギー利用で多くを占める電力利用量を削減し、電気代を減らしたい。
その多くを占めるのが照明、空調のため、これらの削減方法を模索していた。

 

AFTER

CWのテクノロジーを使うことで電力の可視化ができ、従業員トレーニングを含めた最適運用をすることができました。
その結果、年間13.6%の電気料金の削減を実現しました。

空港 × Kisense®

BEFORE

空港内の各テナントの詳細なエネルギー(電力、ガス、水)使用量のデータがないため、顧客毎に適切な請求を行うこと、空港全体のエネルギーコストを削減することが難しかった。

 

AFTER

空港内の5,300か所のモニタリングポイントから、情報をリアルタイムで収集し、このデータを課金システムと基幹システム間で共有することにより、テナント毎の正確な光熱費を正確に把握しました。
空港内のデータを収集、分析、統合することで、空港全体の省エネ対策が可能になりました。

銀行 × Kisense®

BEFORE

ESGで定められた気候変動抑制のためにエネルギー使用量10%削減目標を達成する必要があったが、効果的なEMSが導入されていないため、データに基づいた是正措置の計画、実行が困難だった。

 

AFTER

電力消費量、空調、外部照明のモニターと制御のために180の銀行の支店に導入。
安定的な運用を実現するためのアラーム設定機能や、電力消費パターンや無駄を解析するためのレポート機能を採用しました。併せてエネルギー調達に関するコンサルティングを実施することで、年間のエネルギー消費量を12%以上削減することに成功しました。

ホテル × Kisense®

BEFORE

運用コストの削減、非効率的な機器の発見と交換、その他の無駄を排除したいという課題があった。

 

AFTER

現状の設備や建物の監査結果に基づいて17のホテルにKisense®を導入しました。
各設備及び太陽光発電に関するデータを収集し、リアルタイムでモニタリングすることで、年間5%を超えるエネルギー消費の削減に成功しました。これにより低価格の電力契約を結ぶことができました。