MultiLane SAL

マルチレーン

MultiLane(マルチレーン) SALは2008年に設立した10、40、100Gbpsの光モジュールやシステムを測定するための測定機器、評価治具を先導するメーカーです。 飛躍的進歩を続けるネットワーク分野において、必要不可欠な最先端製品を取り揃えているMultiLane SALは売上、従業員とも急速に伸びている新規精鋭のメーカでーす。 本社は中東のレバノンにあり、US(サンタクララ)、台湾(新竹)オフィス、工場は台湾の EMS になります。 経験豊富な設計チームによって開発された製品は、欧米やアジアのシステムベンダー、光モジュールメーカーに多く採用されております。

アナログ インターフェース システム・サブシステム

主な製品

NRZ/PAM4 電気・光 高速信号測定ソリューション

近年、高速信号を扱うFPGAや100Gbps(25Gbps x 4ch)等の高速光モジュール等などを使用するお客様が増えてきているため、通信システムやデータセンター以外でも高速信号測定のニーズは高まっています。レバノンに本社を置くMultilane社では、他社と比べて低価格なソリューションを用意しており、電気・光の高速信号測定の導入コストを抑えることが可能です。また、お手持ちのPCをインターフェースとして使用し、デスクトップにおける非常に小型な製品となります。

主な製品

光モジュール評価ボード, ホストコンプライアンスボード

MSAに準拠した光モジュール特性評価用ボードは、様々なベンダの光モジュールの特性評価に必要な治具となります。単体でPCに繋ぐことでレジスタの確認や、BERTやオシロスコープと組合せ、光・電気の評価が可能となります。
また、ホストコンプライアンスボードをお客様が開発されている装置のポートに挿入することで、NRZ(28Gbps), PAM4(56Gbps)までの電気特性を測定することが可能となり、開発や不具合調査の現場にて広く採用されております。こちらも、BERTやDSOと組み合わせてご使用頂くことで、ASICやFPGA等からポートまでのシグナルインテグリティ(波形品質)を評価頂けます。
QSFP+、CXP、CFP、CFP2、CFP4、CFP8、QSFP28、SFP+、SFP28、QSFP-DD、OSFP等のラインアップを取り揃えており、各MSAに準拠し操作性に優れたGUIも提供いたします。

主な製品

メーカー基本情報

MultiLane
会社名 マルチレーン(MultiLane SAL)
本社
所在地
Houmal Technology Park Houmal, Askarieh Road, Mount Lebanon, Lebanon
設立 2008年
従業員数 85名
会社概要 MultiLane SALは2008年に設立した10、40、100Gbpsの光モジュールやシステムを測定するための測定機器、評価治具を先導するメーカーです。 飛躍的進歩を続けるネットワーク分野において、必要不可欠な最先端製品を取り揃えているMultiLane SALは売上、従業員とも急速に伸びている新規精鋭のメーカでーす。 本社は中東のレバノンにあり、US(サンタクララ)、台湾(新竹)オフィス、工場は台湾の EMS になります。 経験豊富な設計チームによって開発された製品は、欧米やアジアのシステムベンダー、光モジュールメーカーに多く採用されております。
Webサイト https://multilaneinc.com/

お問い合わせ先

マクニカ クラビス カンパニー

〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

受付:平日 09:00~17:00