製品概要

モジュール評価ボード(Module Compliance Board)はMCBとも呼ばれるボードで、以下のことが可能です。

 

 ・光トランシーバーを挿入するケージがあり、光トランシーバーをそのまま挿入が可能

 ・全レーン分の同軸コネクターがあり、簡単に外部との電気信号インターフェースとの接続が可能

 ・光トランシーバー自身の性能評価を行うのに最適

 

 

BERT:Bit Error Rate Tester PPG:Pulse Pattern Generator ED:Error Detector DUT:Device Under Test DSO:Digital Sampling Oscilloscope
BERT:Bit Error Rate Tester
PPG:Pulse Pattern Generator
ED:Error Detector
DUT:Device Under Test
DSO:Digital Sampling Oscilloscope

製品使用用途

モジュール評価ボードを使って、ビットエラーレートテスターのランダム信号を光トランシーバーから出力させ、この光信号のアイダイアグラムを評価

モジュール規格ごとの製品ラインナップ

ML4041K
ML4041K

製品名

モジュール規格

ML4024

SFP, SFP+, SFP28

ML4041K

QSFP, QSFP+, QSFP28

ML4035

QSFP-DD

「測定器を使ってネットワーク障害を解決する方法」を技術記事で解説しています

実際に発生したネットワーク装置におけるリンク障害を題材に、トラブルシューティングの一例としてスイッチと光トランシーバーの双方に原因があることを測定器で見出した例をご紹介します。

モジュール評価ボードを実際現場でどのように活用すべきなのか、気になる方はぜひご覧ください。

この記事も良く読まれています

光トランシーバとは?
光トランシーバとは?

「光トランシーバー」がどのような物か、

「光トランシーバーの種類」「光トランシーバーにアクセスするインターフェース」「光ファイバーの種類」「規格と距離の関係」

の4点に分けて解説しています。

お問い合わせ / お見積もり