HyperLynx SI は伝送線路シミュレータです。

基板設計前にトポロジを入力し、信号品質を解析したり、PCB 設計データを取り込むことで、配線結果を元に信号品質の解析をおこなうことができます。基板製造前に伝送線路シミュレーションを実施することで、基板のリワークを軽減できます。

<環境構築>

HyperLynx® のダウンロードやインストールは、こちらを参考にしてください。

▶ Mentor® ツールのダウンロード方法
▶ HyperLynx® のインストール方法

ライセンスをお持ちでない方で実際に HyperLynx® SI を使ってみたい方は、弊社まで評価ライセンスの発行をリクエストしてください。

▶ お問い合わせ(評価ライセンスのリクエスト)など

「評価ライセンスを希望」とお書きください。担当者から、連絡させていただきます。


<サンプル・データ>

このファイルは、動画で説明しているサンプルと同一です。PC にダウンロードして HyperLynx で開くと、動画と同じことができます。

HyperLynx SI 機能概要

HyperLynx SI では、大きく分けて2種類の伝送線路シミュレーションが可能です。

  • 伝送線路プリシミュレーション(LineSim):基板回路図設計段階でシミュレーションが可能
  • 伝送線路ポストシミュレーション(BaordSim):ボードレイアウト後のシミュレーションが可能

 

LineSim BoardSim

 

HyperLynx SI では、オシロスコープやスペクトラムアナライザの様な使用方法ができるように多様な機能をサポートしています。

デジタルオシロスコープ

デジタルオシロスコープは、伝送路の挙動を視覚的に確認する機能です。

プリシミュレーションの場合は、トポロジを入力、ポストシミュレーションの場合は、ボードレイアウト情報を取り込みます。挙動を確認したい箇所にプローブ設定を行い、パネル上で確認ができます。

クロストーク

配線に電気信号が流れると磁場が発生します。この磁場が隣接した配線同市の信号に影響を与えます。HyperLynx SI では、同層ないの配線間だけではなく、層間によるクロストークの解析も可能です。

EMC (ElectroMagnetic Compatibility) 解析

基板が発生する放射電解を考慮した設計が必要になってきています。HyperLynx SI では、スペクトラムアナライザを使用し、アンテナプローブによる EMC 解析や電流プローブによる EMC 解析が可能です。

HyperLynx SI の EMC 解析機能を使用し、各国の EMC 規定(VCCI / FCC / CISPR 等)を満足しているを確認する事ができます。

マルチビット解析

各ネットに独立した入力パルスを設定できます。ネットごとに入力パルスの設定を行うことで状況を考慮した解析が可能になります。

アイ・ダイアグラム表示

同一信号に対して多数の信号波形を切り出して重ね合わせた表示ができます。波形を重ねて表示することでノイズやジッタの影響による波形ばらつきを視覚的に確認できます。

複数ボード間の配線解析

DIMM など 2枚一組の基板など、複数ボード間の伝送路に対してのシミュレーションが可能です。

HyperLynx SI 製品ラインナップ

HyperLynx SI には、4つの製品ラインナップがあります。

下記 4つの製品では全て、プリシミュレーション / ポストシミュレーション / PCB トランスレータをサポートしています。

      
  • HyperLynx SI ESX  
  • HyperLynx SI EXT  
  • HyperLynx SI DDRx  
  • HyperLynx SI GHz


ライセンス形態や対象の周波数帯域、ご使用予定の機能を元に選択していただけます。

HyperLynx SI ESX HyperLynx SI EXT
最も基本的な機能をサポートしたパッケージ HyperLynx SI ESX に下記機能を追加
            
  • オシロスコープ解析        
  • 解析コントロール        
  • クロストーク解析        
         
             
  • EMC 解析         
  • スイープ解析         
  • Loss モデリング         
  • 拡張ビア・モデル         
  • アイ・ダイアグラム         
  • マルチボード解析         
HyperLynx SI DDRx HyperLynx SI GHz
HyperLynx SI EXT に下記機能を追加 HyperLynx SI DDRx に下記機能を追加
         
              
  • DDRx タイミング          
  • フィールド・ソルバ         
         
              
  • 表面の粗さ          
  • 3D ビアモデリング         

 

ライセンス形態
形態 ESX EXT DDRx GHz
LineSim BoardSim バンドル LineSim BoardSim バンドル
期間  

永久

シミュレーション・タイプ
タイプ ESX EXT DDRx GHz
LineSim BoardSim バンドル LineSim BoardSim バンドル
プリ・レイアウト

 

 

ポスト・レイアウト  

 

推奨周波数帯域
周波数帯域 ESX EXT DDRx GHz
LineSim BoardSim バンドル LineSim BoardSim バンドル
800MHz 以下

800MHz 以上          

サポート・モデル
モデル ESX EXT DDRx GHz
LineSim BoardSim バンドル LineSim BoardSim バンドル
IBIS

IBIS-AMI          

SPICE          

S-Parameter          

サポート・機能
機能 ESX EXT DDRx GHz
LineSim BoardSim バンドル LineSim BoardSim バンドル
オシロスコープ

解析コントロール

クロストーク解析

EMC 解析  

スイープ解析  

Loss モデル  

拡張ビア・モデル  

アイ・ダイアグラム  

マルチボード解析    

 

DDRx タイミング        

 

フィールド・ソルバ        

 

表面の粗さ          

3D ビア・モデル          

 

 

HyperLynx SI の環境

HyperLynx SI のシステム要件は下記です。

Support OS メモリ容量
Windows XP 32bit 1GB 以上
Windows Vista 32bit 2GB 以上
Windows 7 32bit / 64bit 2GB 以上

※ HyperLynx 8.2 を対象としています。



HyperLynx 関連資料

HyperLynx - インストール手順
HyperLynx - ライセンス設定

お問い合わせ

本記事に関して、ご質問などありましたら以下より問い合わせください。

Mentor メーカー情報Topへ

Mentor メーカー情報Topページへ戻りたい方は、以下をクリックください。