HyperLynx PI は、パワー・インテグリティー解析ツールです。DC 電圧降下解析や AC デカップリング解析、プレーンノイズ解析が可能で、基板設計前のプリ解析や PCB データを取り込んだポスト解析共に有効なツールです。

HyperLynx PI はパワー・インテグリティー解析ツールで、DC 電圧降下解析や AC デカップリング解析、プレーン・ノイズ解析ができ、基板設計前のプリ解析や PCB データを取り込んだポスト解析共に有効なツールです。

また、PDN 解析に必要なコンデンサーの提案や解析ができ、コンデンサー容量やチップ・サイズ、の配置位置の検討を自動化し、検証工数を削減できます。

本製品のセミナーを定期開催しています。参加申込は こちら から!

紹介動画

<環境構築>

HyperLynx のダウンロードやインストールは、こちらを参考にしてください。

▶ Siemens EDA ツールのダウンロード方法
▶ HyperLynx のインストール方法

<評価ライセンスの申請>

ライセンスをお持ちでない方で、実際に HyperLynx PI を使ってみたい方は、弊社まで評価ライセンスの発行をリクエストしてください。

▶ お問い合わせ(評価ライセンスのリクエスト)など

「評価ライセンスを希望」とお書きください。担当者から、連絡させていただきます。

機能概要

HyperLynx PDN Capacitor Optimization
[動画]

HyperLynx PI は CAD ツールなどの PCB レイアウト・システムから生成されたガーバー・ファイルをインポートし、ターゲット・インピーダンスを満たす最適なコンデンサーの組み合わせを提案してくれます。コンデンサーの組み合わせとは、コンデンサー容量とチップ・サイズと配置位置を指し、この自動化により大幅な検討工数の削減を実現できます。

<フロー>
① ガーバー・ファイルを HyperLynx PI へインポート
② Capacitor optimization で最適案を取得
③ Decoupling Analysis で最適案をベースに解析
④ 要求を満たさない場合、ターゲット・インピーダンスを下げて再度最適案を取得して Decoupling Analysis を実行

インテル® Agilex™ F シリーズ FPGA 開発キットを使用した HyperLynx PI による PDN 解析
[動画]

大規模 FPGA 搭載ボードの開発には、事前の PDN 解析が必須と言えます。下記フローで 、PDN 解析することができます。

<フロー>
① ボードのデザイン・データを開く
② 解析する電圧を選択し、解析に必要なコンデンサー名を登録
③ 解析結果を確認して、ターゲット・インピーダンスを満たすコンデンサーの組み合わせを検討

関連資料

▶ ボード検証ツール/HyperLynx

セミナー/ワークショップ

▶ [オンラインセミナー] FPGA 設計者が悩むパワー・インティグリティー <無料>

▶ Siemens EDA 関連のイベント・セミナー

お問い合わせ

本記事に関してご質問がありましたら、以下より問い合わせください。

メーカー情報 Top へ

メーカー情報 Topページへ戻りたい方は、以下をクリックください。



シーメンス(Siemens)が所有する商標や登録商標:こちら