[オンラインセミナー] DDR4 の PDN インピーダンスと解析と実測の相関性 <無料>

本イベントの開催は終了いたしました。

イベントの特徴

DDR4 基板の PDN 解析

HyperLynx PI

品質の良い電子基板を作成するためには PDN (Power Delivery Network) 解析による品質の確認はとても重要な役割を果たします。
解析をすることによって、設計している基板の PDN の性能を知ることができるだけでなく、どうしても多く配置してしまいがちなキャパシターの、適切な数と位置を解析ツールによって知ることができます。

このオンラインセミナーでは DDR4 を対象に PDN の解析のお手本となるベストプラックティスを紹介し、適切なキャパシターの種類と位置について提案してくれる HyperLynx PDN Decoupling Optimizer を使用して最終的なキャパシターを決定、どれだけ削減できたかを確認します。
合わせて、Simcenter FLOEFD などにより熱解析をおこない、基板の温度を予測し電圧降下の解析をおこなう流れについてもご案内いたします。
また、解析結果が正しいかを判断するために測定結果との比較したいと思うエンジニアも多いと思いますが、安価な測定器を使用して DDR4 基板を実測した例についてもご案内いたします。

▶ HyperLynx PI の概要

こちらは、オンラインセミナーですので、ご自宅やお客様のオフィスから受講することが可能です。

こんな人にオススメです!

■ 基板設計データのチェック(検図)について負担だと感じている方
■ 効率的に基板設計データのチェック(検図)を済ませたい方

※ 競合メーカー(ベンダー)やその販社の方、競合商社の方の受講は、お断り申し上げます。
※ 個人およびフリー・メールアドレスによる参加申込み、また過去に受講されたことのある方のご参加は、お断りしています。

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2024/01/30
(火)
  • 13:30-14:30
    (受付 13:20 -)

ご自分のデスク

  • -
受付終了

アジェンダ

時間 内容
13:30-14:30

1. PDN の設計/解析の基本
2. DDR4 の PDN 設計を Siemens の推奨フローでトライする
3. DDR4 の PDN インピーダンスの測定と解析の相関性の確認

※ 時間は目安ですので、前後する可能性があります。
※ 当日のアジェンダは変更される可能性がありますので、予めご了承ください。

注意事項

以下の内容を必ずご確認ください。

・ 本セミナーはオンラインセミナーとなります。視聴方法はお申込み後にご連絡いたします。
・ 開催当日は弊社オフィスにご入場いただけません。ご自身の PC からご受講ください。
・ 申し込み多数の場合には抽選となることがございます。ご了承ください。

お問い合わせ

お問い合わせ