Infoblox

インフォブロックス

<Infoblox無料診断サービス> DNSで見る標的型攻撃診断

ネットワークに潜む隠れたボット型マルウェア・APTによる感染状況を可視化
システム変更不要でDNSのパケットを送るだけ!1週間程度でレポート送付

こんなご心配はありませんか?

  1. ドライブバイダウンロード、APT攻撃などのサイバー攻撃の懸念
  2. 次世代ファイアウォール、アンチウィルスでは検出困難なマルウェア感染の懸念
  3. 自社ネットワークの隠れたマルウェア感染の懸念
  4. 外部サーバとの不正な通信を把握できているかの懸念
  5. 自社のネットワーク接続端末がボット化している懸念

診断対象の通信

  • HTTP, HTTPSトラフィック
  • Emailトラフィック
  • ポート53番を利用したトラフィック

診断から分かる脅威

  • C&Cサーバと通信が行われている脅威
  • 隠れたボット型マルウェア
  • 感染クライアントの特定

選べる3つの診断コース

すぐに診断したい方向け

1.クイック診断コース

自社ネットワークに隠れたボット型マルウェアの感染端末が存在するか、すぐ確認したいお客様にお勧めです。

  • 準備物
    DNSキャッシュサーバへアクセスするパケットキャプチャー(10分間以上)
  • 診断レポート
    取得いただいたキャプチャーをInfobloxが解析し診断結果をご提供いたします。

Infoblox製品をご利用中の方向け

2.スタンダード診断コース

DNSとしてInfoblox製品をご利用いただいているお客様の診断コースです。

      準備物
      • Infoblox NIOS6.6以上
      • Infoblox DNS Firewall 評価ライセンス
      • グローバルIPアドレス
      診断レポート

    レポーティングアプライアンスをお持ちでない場合、Infobloxで作成しお客様へ診断結果をご提供いたします。

じっくり診断したい方向け

3. じっくり診断コース

マルウェア感染端末・サーバの存在を60日間じっくり診断するサービスです。

  • 準備物
    • VMWare Vcenter環境
    • Infoblox DNS Firewall診断キット
    • グローバルIPアドレス
  • 診断レポート
    DNS Firewall診断キットに付属しておりますレポーティングツール‘で診断結果を確認いただけます。

ご希望のお客様は、こちらからお申し込みください!

お申し込みはこちら

※診断サービスの実施時期は、ご希望に応じてご相談させていただきます。

Infoblox DNS Firewallとは?

マルウェアによるアウトバウンドのDNSベースの通信を遮断することで、ボットネットおよびC&Cサーバとの接続を防ぎます。

主な機能

  • 悪意のあるドメインへのDNSクエリの監視・遮断
  • 感染端末の可視化
  • Fast-Fluxプロセスを利用した悪意のあるドメインのIPアドレスの急速な変化を反映した2時間毎のデータフィード自動更新
  • 地理的条件に基づくブロッキング(例:北朝鮮、イラン、ロシア、シリアなど)
お問い合わせ先
株式会社マクニカ
Infoblox製品担当
TEL 045-476-2010
Email infoblox-sales@macnica.co.jp