Infoblox

インフォブロックス

Network Insight

Network Insightの利点

ネットワークインフラデバイスデータの自動収集

  • インフラデバイスから最新のデータが自動収集されることで、ネットワーク管理者はIPAMデータベース内で管理されていないデバイスを監視し対策を講じることが可能となり、作業効率が向上します。

インテリジェンスなIPAMデータベース

  • セキュリティ:管理されていないデバイスの検出、IP競合エラーの発見
  • トラブルシューティング:ネットワークインフラ、エンドホスト、DNS/DHCPの関連するすべてのIPデータを統合し表示できるため、障害時のMTTR(平均修復時間)を減らし、根本原因となる問題を回避し、処理を確実にできます。

ITワークフローとのコラボレーション

  • 統合されたネットワークインフラとIPAMデータを利用することで、設計の検証、プロビジョニング、トラブルシューティングなどITチーム全体のワークフロー効率を高めることができます。異なる部門間でも統合されたデータソースを利用可能なため、時間・コスト・エラーを低減するとともに、業務のサイロ化が解消されます。

Gridへの統合

  • Infoblox Gridは、他のDNS/DHCPアプライアンスを統合管理します。Grid Masterはコンフィグレーションデータとアップデートを各メンバーに配信、操作の監視、設定変更をデータベースと同期できます。

インフラデバイスの情報から何がわかるのか?

  • デバイスベンダー
  • ソフトウェアバージョン
  • デバイスのポートの利用状況
    • リンクアップ・ダウン
    • リンクの速度
    • 設定されているVLAN
  • 接続されているデバイスのMACアドレス

IT資産管理の帳簿としての利用や
セキュリティ・トラブルシューティングにおける
対象デバイスの迅速な判定

画面イメージ

デバイス管理

  • デバイス管理

SWポートとデバイス

  • Wポートとデバイス

IPAM統合データの利用

  • IPAM統合データの利用

Network InsightとDDI(DHCP)にて取得した情報をGRID Masterにて統合管理

構成例

Network Insightのモード

Consolidator: デバイス・ネットワークデータの保管および統合

Prode     : データ収集のみ

Network Insightのモード