CyberArk

サイバーアーク

半年後に迫ったGDPR(一般データ保護規則)の施行に対するIT部門の備え

半年後に迫った GDPR(一般データ保護規則)の施行に対するIT部門の備え

-CyberArkで特権IDを保護しGDPR対応を図る-

~本セミナーは盛況のうちに閉幕いたしました~

2018年5月にEUにおいてGDPR(一般データ保護規制)が施行され、EUとビジネスを行う日本企業にも適用されます。GDPRは、EU域外への個人データ移転に必要な保護措置や、違反時の罰則金の大きさが注目されているものの、個人データが入ったシステムを主管するIT部門は、何をすればよいか分からないという声が聞かれます。本セミナー前編においては、GDPRへの対応には何が必要で、その中からIT部門は何をすべきかを解説します。

本セミナー後編においては、CyberArkによる特権ID管理ソリューションを紹介し、GDPRに対しての具体的な対応の一例をご説明します。

開催要項

 日 程 開催終了
会 場 株式会社マクニカ 新宿オフィス 〒163-0928 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス28F
定 員 20 名 ※定員に達し次第受付を終了させていただきます。
対 象
  • 企業の情報システム部門のご担当者様
  • 標的型サイバー攻撃対策をご検討中の方

※競合代理店、競合製品をお取り扱いの会社様のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

費 用 無料
持参物
当日ご持参いただくもの
  • 受講票
  • お名刺
主 催 株式会社マクニカ
共 催
  • KPMGコンサルティング株式会社
  • CyberArk Japan K.K

プログラム

10:00~10:50
半年後に迫ったGDPR(一般データ保護規則)の施行に対するIT部門の備え
KPMGコンサルティング株式会社
10:50~11:10
CyberArkによる特権ID管理の実現
株式会社マクニカ
11:10~11:50
CyberArkによるGDPR(一般データ保護規則)への対応
CyberArk Japan株式会社
11:50~12:00
質疑応答

※プログラムは、予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。最新情報は本Webページをご確認ください。

※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。