条件を指定して絞り込む

現在957件がヒットしています。check

記事カテゴリ
製品カテゴリ
メーカー

A

B

C

D

E

F

G

H

I

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z

WEBENCH® Design Center(以下WEBENCH® )は、Texas Instruments社(以下TI社)が提供するアナログ回路設計・シミュレーションツールです。使用できる製品群は多岐に渡り、電源、FPGA/uP、LED、クロック、フィルタ、センサ、Interface、Referenceなどあらゆるアナログ製品に対応しています。

本記事では、WEBENCH® の単なるツール紹介ではなく、実際に弊社エンジニアが実際に使って感じた「魅力」を存分にご紹介します。

ここが使い易い!オンラインツールだから出来ること

シミュレーションツールはTI社だけではなく、アナログ製品を提供するメーカーであれば、どこでも用意していますよね。でも使ってみるとインストール作業が煩わしかったり、使いづらいなと思われた経験はありませんか。
WEBENCH® の強みは何といっても、オンラインシミュレーションツールであるということです。圧倒的に使い易いWEBENCH® の秘密を紐解いていきましょう。

1. ダウンロード・インストール・アップデートが不要

Article header library 122577 pic01  2

すぐに設計・シミュレーションをしたいのに、面倒なのがこれですよね。WEBENCH® はパソコンにダウンロード・インストールする必要がありませんので、インターネット環境があればどこからでも使用できます。実際に、お客様との商談を止めることなく、スムーズに会話の中で設計・シミュレーション結果を見ていただけるので、大活躍な場面が多々あります。

またWEBENCH®は新機能追加・修正のアップデートが自動で行われており、面倒なバージョン管理も不要です。お客様と弊社エンジニアでそれぞれシミュレーションをした際に、バージョンが違って結果が異なる!という事態は発生しません。

2. 設計結果の保存・編集・共有ができるオンラインストレージ機能

Article header library 122577 pic02  1

設計結果はTI社のサーバ上に用意される個人ページ(My Designs)に蓄積されます。いつでも呼び出して参照、編集することが可能で、さらにお客様や他の設計者と情報共有が可能です。

実際の使い方として、弊社エンジニアがある程度設計をしてから、編集画面をお客様と共有し、続きはお客様でカスタマイズをしていただくという様に設計データのオンラインストレージとして使っています。

3. 常に更新される部品データベースから、使い慣れた他社受動部品を選択可能

Article header library 122577 pic03  1

アプリケーション回路を構成する際には、製品の周辺に受動部品を配置する必要があります。その受動部品によって回路の性能も大きく左右される為、お客様からは「使い慣れた他社国内メーカーの受動部品を使ってシミュレーションしたい!」という要求が多いです。

WEBENCH® は、TI社 の 製品だけでなく、なんと100 社以上の部品メーカから4 万点を超える部品をデータベース化しています。その部品データベースも常時アップデートされるため、使い慣れた部品メーカーの最新部品で性能を確認することができます。お客様にとって、既に社内登録された部品・部品メーカーから選択できるとなると設計期間・コストを大幅に削減できます。

とにかく早い!数分でできる時短設計

4. 設計・シミュレーションが、あっという間にできる!

製品が決定している方は、TI社の製品ページに掲載されているWEBENCH® 画面からたった"ワンクリック"で結果が表示されます。

Article header library 122577 pic04  1
TI社 WEBサイト


これから製品を検討される方も、TI社トップページにあるWEBENCH® 画面から要求仕様を入力するだけで簡単に結果が表示されます。

Article header library 122577 pic05  1
TI社 WEBサイトトップページ

5. 早いのに、充実で丁寧な設計・シミュレーション結果

ブラウザを立ち上げて数クリックしただけとは思えない、充実した結果を一覧で見ることができます。回路図、BOM(部品表)、推定フットプリント、特性のチャートなど、WEBENCH® を使用しなければ膨大な時間がかかる計算や回路作成が全て自動で表示されます。

また製品自身や周辺部品の発熱の様子なども確認できたり、製品の価格や供給状況も考慮された結果だったりと、技術者にとって有難い丁寧な情報がたくさん盛り込まれています。

Article header library 122577 pic06  2
WEBENCH® 画面

まずは、WEBENCH®を使ってみよう

WEBENCH®のオンラインならではの魅力、いかがでしたか。パソコンとインターネット環境があればノンストップで始められるWEBENCH®を、まずは使ってみませんか。

WEBENCH®をお使いになる場合、事前にmyTIにご登録頂く必要があります。
登録はこちらをクリックしてください。

図解の使い方手順をご覧になりたい方はこちら

WEBENCH®の使い方-電源設計-基礎(1)-機能紹介
WEBENCH®の使い方-電源設計-基礎(2)-まず試したいSimulation
WEBENCH®の使い方-電源設計-応用(1)-Simulationが役立つ場面
WEBENCH®の使い方-クロック設計-基礎