HyperLynx DRC は、EMI 関連のデザイン・ルール・チェック用のツールです。

HyperLynx DRC の概要

HyperLynx DRC は、PCB レイアウト・システムから生成したファイルをインポートし、動作確保のための基本チェックだけではなく、EMI / EMC 問題回避のためのチェックも実施します。

目視による検査ミスを防ぐことができ、チェック時間を大幅に短縮できます。

HyperLynx DRC 機能概要

HyperLynx DRC には予め 22項目の標準ルールが搭載されています。

EMI (10項目) Signal Integrity (10項目) Power Integrity (2項目)
Reference Plane Change Edge Rate Decoupling Capacitor
Nets Crossing Gaps Long Nets PWR/GND Net Width
Net Near Plane Edge Long Stubs  
Filter Placement Many Vias
ICs Over Splits Termination Check
I/O Coupling Guard Traces
Edge Rate to Period Diff Pair
Exposed Length Crosstalk Coupling
Metal Island Diff Impledance
Edge Shield Impedance

HyperLynx DRC では、デザイン・ルール・チェックを容易に行うための機能をサポートしています。

オブジェクト・リスト

検証対象のグループ・リストの作成が可能です。絞り込み検証に有効です。

ルールの詳細

各チェック・ルールの仕様をツール上で確認できます。図を使用した説明により容易に理解ができます。

パラメータの変更

各チェック・ルールはパラメータにより変更可能です。製品使用にあわせてパラメータの変更により設定が簡単です。

また、各ルールを複数コピーすることができるため、g ループ毎に異なるパラメータ値でのチェックが可能です。

結果の表示

デザイン・ルール・チェックの結果をスプレッド形式で表示します。ソートはもちろん、csv 形式でエクスポートができます。

ボードビューワでは、違反箇所をハイライトするため、問題箇所を素早く特定できます。結果表示は、ルール毎、ネット名毎、確認したい項目などの切り替えが可能です。

HyperLynx DRC 製品ラインナップ

HyperLynx DRC には 3つの製品ラインナップがあります。

      
  • HyperLynx DRC PCB Standard
  • HyperLynx DRC PCB Advanced  
  • HyperLynx DRC PCB Developer

 

デザイン・ルール・チェック
機能 PCB Standard PCB Advanced PCB Developer
解析結果表示

標準ルール

ルールのパラメータ変更

カスタム・ルールの解析

×

カスタム・ルールの作成

×

×

※ HyperLynx DRC v6.1 を対象としています。

HyperLynx DRC の環境

HyperLynx DRC のシステム要件は下記です。

Support OS 32bit / 64bit
Windows 7 32bit / 64bit
Windows Server 2008 32bit / 64bit
Windows Server 2003 32bit / 64bit
Windows Vista 32bit / 64bit
Windows XP 32bit

※ HyperLynx DRC v6.1 を対象としています。