第5回 EPE の具体的な使用方法をご紹介!

Cyclone® V SoC (5CSXFC5D)の電源を選定することを想定とした PowerPlay Early Power Estimator (EPE) 外部リンク の使用法を詳しくご説明いたします。
前回のコラムでは電源選定を7つのステップで簡単に紹介しましたが、今回はより具体的な内容となります。
EPE を使用して電源選定をする際に、是非お役立てください。

FPGA の種類から電源仕様の概要把握及び、ピン接続ガイドラインの準備

まずは以下の 2点を把握・準備しておきます。
  • FPGA を選定(出力電圧の精度でおよそデバイスは絞られる)
  • 必要な情報をすぐに確認できるように ピン接続ガイドライン  の、対象のデバイスファミリ ページを開いて準備しておく。

デザインを開始

それでは早速 EPE を使用して電源選定を開始していきます。

FPGA の使用条件を選択 その1

<画像01>

それでは早速 EPE を使用して電源選定を開始していきます。

  • Main タブにて Device を選択します。 (画像01 <1>を参照)
  • Power Charactrization を Maximum と選択します。 (画像01 <2>を参照)
  • 場合によって Power Rail Configuration を選択します。
  • 今回は SX FPGA and HPS Shared としました。 (画像01 <3>を参照)

FPGA の使用条件を選択 その2

  • 各タブに必要な情報を入力します。(今回は Logic タブのみ入力)
  • Look Up Table, FF, Clock Frequency を選定デバイス 使用率フルで使用した場合を想定しました。(画像02参照)
  • Main タブに戻ると、上記設定により消費電流が増加し、赤字で警告が表示されております。(画像03参照)
<画像02>
<画像03>

警告の解消

  • Report タブを選択すると、本来であれば区別すべき二つの異なる電圧が 一つの電源レールになってしまっていることがわかります。(画像04参照)
  • 2.5Vin のレールに1.5V が紛れているのが確認できるため、1.5Vin のレールの Regurator Group の数値を2 から 3 へ変更してレールを増やします。(画像05参照)
  • エラーが解消されレギュレータのグループが増えました。(画像06参照)
<画像04>
<画像05>
<画像06>

全レールの電源選定

  • Enpirion® タブを選択すると、増えたレールも含めて電源選定が可能となっていることがわかります。(画像07参照)
  • 各 Regulator Group の Input Voltage を入力します。(今回は 5V を入力)
  • そうすると、Suggested Enpirion® Part の列に自動的にデバイス型番が選択されます。

以上が選定の具体的な例となります。ただしデザインの内容によって消費電流や新たな電源レールの追加となる場合があります。
都度確認しながら EPE をご活用ください。

インテル® Enpirion® の概要はコチラ>>