Cato Networks

ケイトーネットワークス

Cato Socket - 既存LAN環境もSASEに簡単に接続。SASEへの移行が容易に

Cato ソケット SD-WANデバイスは、ラストマイル接続(1本または複数)を経由し、お客様の物理的なロケーションを、最も近いCato PoPに接続します。

お客様は、ファイバー、ケーブル、xDSL、および4G / LTE接続の任意の組み合わせを選択できます。事前にお客さま向けの設定をしてから出荷しますので、現地でインターネットにWAN設定し、接続、LANに接続し詳細な設定は、Web管理画面でセンターから設定するだけです。

Cato Socket SD-WAN接続装置

3分でセットアップ:管理ポータルを通じて、Cato socketの設定する場面をご紹介いたします。

Cato socket 仕様

仕様 X1500 X1700
筐体 Cato Socket X1500 SD-WAN接続装置 Cato Socket X1700 SD-WAN接続装置
寸法 W:165mm×D:105.5mm×H:43mm
(dual rack mount available)
1U
CPU Intel® Atom™ processor Intel® 4th Generation Core™ Processors
システムメモリ 4GB DDR 8GB DDR
ストレージ 16G of Micro SD class 10 2×320G(swappable,redundant)
Ethernetポート 4×1GbE 8×1GbE+Management Port
拡張ネットワーク   4×1GbE, 2×1Gb Fiber, 2×10Gb Fiber
電源 40W 12V power adapter Redundant(1+1)(300W)
スループット 500Mbps 3Gbps
冗長化 VRRP, PoP Orchestrated VRRP, PoP Orchestrated
Cato Socket SD-WAN接続装置 冗長構成

Cato Socket冗長構成
・1拠点毎に2台のSocketでActive/Passive 稼働VRRP(LAN若しくはVRRP専用ポート)

・WAN回線冗長化
 Active/ Passive 構成
 Active/ Active 又は 4G/LTEバックアップ

Virtual Socket

ソフトウェアによる、仮想版CATOソケット(無償)をご提供しております。AWS、Azure、vmware ESXi上で動作。各種インスタンススペックにつきましてはお問合せ下さい。