高度な自然言語処理とディープラーニングで自然な日本語対話を実現

NVIDIA GPUをプラットフォームにAI活用を実践

最新テクノロジーを用いたイノベーションを不動産業界に展開すべく、さまざまな試みを実践しているのが三井不動産だ。オフィスビルをはじめ、商業施設、ホテル・リゾート、マンション、注文住宅など、さまざまな施設や建物の設計から運営管理までをグループにて手掛けており、不動産業界屈指の売り上げを誇っている。

なかでも、オフィスビルを手掛けるビルディング事業では、「その先の、オフィスへ」をスローガンに掲げ、既成のオフィスビルの概念を超えた新たな付加価値を生み出すことを目指した施策に取り組んでいる。その活動の1つが、2019年9月にリニューアルした大阪・中之島三井ビルディング(以下、中之島三井ビル)において行われている、AIによる画像認識技術を活用した取り組みだ。ここで利用されているネットワークカメラやGPUを搭載したNVIDIAのプラットフォーム、そして画像解析のためのアルゴリズムなどを組み合わせることで、新たな価値向上に向けた取り組みに尽力しているのが、マクニカ クラビス カンパニーだ。

本事例のポイント

・カメラを用いた画像解析を相談から設置まで2か月で整備

・利用者数や混雑状況の可視化を実現

・マクニカの支援で不動産全体へのAI活用にも

導入に至った背景と効果

背景

経年優化に資する新たな挑戦に不可欠だったテクノロジー活用

導入

相談から設置まで2か月、カメラによる可視化と画像解析のための環境を整備

効果

具体的な成果につなげる活動と不動産全体へのAI活用に期待

事例はこちらからダウンロードいただけます

お客様事例 サンプル
お客様事例 1ページ目 サンプル

その他のNVIDIA製品導入事例はこちら

お問い合わせはこちら