Microchip社 不揮発性FPGA「PolarFire」

Microchip社PolarFireファミリーは、100K~480K ロジック エレメント(LE)の規模を提供しており、コストと消費電力が最適化されたミッドレンジFPGAになります。
同程度の性能を持ったSRAM FPGAより最大50%の消費電力を削減できます。産業用カメラやIoTエッジ・デバイスだけでなく、ネットワーク機器や産業機器といった幅広いアプリケーションに最適です。

PolarFire(ポーラファイア)の特徴

不揮発性プロセスによる低消費電力

 - 競合FPGAと比較して最大50%消費電力を削減

 - ファンやヒート・シンクなどの余計なBOMコストを削減

 

12.7Gbpsに最適化した低消費電力トランシーバー

 

Configuration用ROM不要による省スペース化

 - Configuration ROMのBOMコストを削減

 - 最小11×11mmパッケージ

 

強力なソフト・エラー耐性による高信頼性

 - 中性子線による影響は未検出

DDR4/DDR3/LPDDR3、LVDSをサポートする1.6 Gbps I/O

 - Standard I/OでMIPI CSI-2Tx/Rxをサポート (Rx : 1.5 Gbps/lane)

消費電力比較

グラフを見ると分かるように、競合FPGAと比較してスタティック消費電力が大幅に低く、トランシーバーの消費電力も1/2ほど低くなっています。

結果として、4割~5割ほど消費電力を削減することが可能です。

理由として

・Flashベーステクノロジーによる低消費電力化

・トランシーバーの最適化

が挙げられます。

詳しくは下記関連記事をご参照ください。

https://www.macnica.co.jp/business/semiconductor/articles/microchip/133146/

 

競合FPGAとの消費電力比較について、下記条件で動作させたときの結果が右のグラフになります。

 

アプリケーション①:ルーター(ROUTER)

トランシーバー:10 Gbps x 16 lane

ロジックエレメント:220 K

動作周波数:160 MHz

 

アプリケーション②:リモートラジオユニット(RRU)

トランシーバー:9.8 Gbps x 16 lane

ロジックエレメント:140 K

動作周波数:275 MHz

PolarFireデバイスファミリ―一覧

お問い合わせ

本記事に関してご質問などありましたら、以下より問い合わせください。

Microchip メーカー情報Topへ

Microchipメーカー情報Topページへ戻りたい方は、以下をクリックください。