Professional Media over Managed IP Networks

SMPTE® ST2110とは、放送など業務系映像をIP*1化して、IPネットワーク上で通信するための幾つかの規格を発展的にまとめた標準規格です。この規格の標準化により業界ではSDIベースからIPベース伝送への切替えが進んでいます。マクニカは、「SMPTE® ST2110 IP*2」として、お客様が本規格を容易に実装するためのIP*2を開発し提供しています。本IP*2は、インテルSoC FPGAに実装するためのST2110 ハードウェアIP*2と、ST2110ソフトウェア開発キット、およびリファレンスデザインから構成されています。

*1: Internet Protocol
*2: Intellectual Property

1. ST2110 Tx/Rx IP Package

特徴・仕様

●サポートする規格リスト
 ○SMPTE® Standard
  ・ST2059-1/2
  ・ST2022-5※
  ・ST2022-6※
  ・ST2022-7
  ・ST2022-8
  ・ST2110-10
  ・ST2110-20
  ・ST2110-21
  ・ST2110-22※
  ・ST2110-30
  ・ST2110-31
  ・ST2110-40
  ・RTP Payload Format for ISO/IEC 21122 (JPEG XS)※
  ・RP2110-23 ※
 ○NMOS
  ・IS-04
  ・IS-05
 ○General Network
  ・IGMP v2, v3
  ・SDP Parser and Generator
  ・In Band Control
  ・Out of Band PTP
  ・10/25/40/100 ※ G Ethernet
 ○Device
  ・Intel® Arria 10 SoC
  ・Intel® Stratix 10 SoC

Hi-Level Block Diagram

2. Demo Image

3. 提供物

ST2110ハードウェアIP (TxおよびRx)

  • Quartus用暗号化RTL
  • Questa Sim用暗号化シミュレーションモデル
  • Quartus用ライセンスファイル

ST2110ソフトウェア開発キット

  • Broadcastコアエンジン
  • Broadcastアプリケーションライブラリ
  • NMOSアダプターライブラリ (オプショナルコンポーネント)

ドキュメント

●ユーザーズマニュアル

●実装ガイドライン

 ○リファレンスデザインについて

 ○インテルコア実装ガイド (トランシーバ、PLLなど)

 ○シミュレーションガイド

 ○ソフトウェアフロー

リファレンスデザイン

  • ハードウェア: Verilog記述によるリファレンスデザイン
  • ソフトウェア: サンプルデバイスドライバ
  • ソフトウェア: サンプルCUIアプリケーション

4. Media over IP Demonstration