こんにちは。

マクニカでインテル® FPGA 製品の技術サポートをしている インテル・F・ハナコ です。

 

 

インテル FPGA の開発ソフトウェアである Quartus® Prime Pro Edition には、

FPGA コンフィグレーション用のファイル変換ツールとして以下の2つがあります。

いずれの変換機能も FPGA 用の .sof を入力ファイルとし、使用するコンフィグレーション・メモリに応じた出力ファイル形式に変換します。

各ファイル変換ツールは、サポートしている FPGA ファミリが異なります。

FPGA

ファイル変換機能

Programming File Generator

Convert Programming Files

Agilex™

Stratix® 10

(推奨)

Arria® 10

Cyclone® 10 GX

×

備考 Quartus Prime Pro Edition 18.0 からサポートされた機能

Pro および Standard Edition で従来使用されてきた機能

(操作についてはこちらのコンテンツをご覧ください。)

 

ここでは、Programming File Generator を使用して、コンフィグレーション・メモリ用ファイル .pof / .jic / .rpd を生成する方法をご案内します。

操作方法

  1. Programming File Generator を起動
  2. FPGA ファミリおよびコンフィグレーション・モードを選択
  3. 生成するファイル・フォーマットを選択
  4. .sof をセット
  5. コンフィグレーション・メモリを選択 (.pof/.jic 生成時のみ)
  6. Serial Flash Loader を転送する FPGA を選択 (.jic 生成時のみ)

 

 

以下より、具体的に画面操作を説明します。

1. Programming File Generator を起動

File メニュー > Programming File Generator を選択し、GUI を起動します。

2. FPGA ファミリおよびコンフィグレーション・モードを選択

該当する FPGA ファミリ、コンフィグレーション・モードを選択します。

項目

概要

選択肢

Device family コンフィグレーションの対象となる FPGA ファミリを指定します。

Agilex, Stratix 10,

Cyclone 10 LP, MAX® 10
Configuration mode コンフィグレーションの方式を指定します。

Active Serial x4,

AVST x8, AVST x16, AVST x32

3. 生成するファイル・フォーマットを選択

Output Files タブ において、出力ファイルの保存フォルダ、ファイル名、ファイル・フォーマットを選択します。

 項目

 概要

 選択肢

 Output directory 出力ファイルを保存するフォルダを指定します。 任意
 Name 出力ファイル名を指定します。 任意
  生成するファイルのフォーマットを選択します。
  • JTAG Indirect Configuration File (.jic)
  • Programmer Object File (.pof)
  • Raw Binary File for CvP Core Configuration (.rbf)
  • Raw Binary File for HPS Core Configuration (.rbf)
  • Raw Binary File for Partial Reconfiguration (.rbf)
  • Raw Programming Data File (.rpd)

4. .sof をセット

Input Files タブ において [Add Bitstream] ボタンをクリックし、対象の FPGA 用 .sof を選択します。

(左).pof, .jic 選択の場合 / (右).rpd 選択の場合

 

ファイル選択後に sof ファイル部分をハイライト選択すると

[Properties] ボタンがクリック可能になります。

セキュリティオプションや Bootloader の設定を行うことができます。

Compression 機能は自動で On に設定されます。

必要に応じて、オプションを追加してください。

rpd ファイルを生成する場合は、[Generate] ボタンをクリックし、作業を終了してください。

pof ファイル および jic ファイルを生成する場合は、次の操作5 へ進みます。

5. コンフィグレーション・メモリを選択 (.pof/.jic 生成時のみ)

Configuration Device タブ において [Add Device] ボタンをクリックし、コンフィグレーション用メモリを指定します。

(左).pof 選択の場合 / (右).jic 選択の場合

次に、選出したコンフィグレーション用メモリをハイライト選択後に [Add Partition] ボタンをクリックし、操作4でセットした sof ファイルと格納するページ番号などを指定します。

項目

概要

Name 設定した内容に任意名をつけます。
Input file 操作4 でセットした sof ファイルを選択します。
Page sof ファイルを格納するページを指定します。
Address 必要に応じてアドレスを指定します。

 

pof ファイル生成する場合は、[Generate] ボタンをクリックし、作業を終了してください。

jic ファイルを生成する場合は、次の操作6 へ進みます。

6. Serial Flash Loader を転送する FPGA を選択 (.jic 生成時のみ)

[Select] ボタンをクリックし、Serial Flash Loader (以下 SFL) を転送する FPGA を選択します。

[Generate] ボタンをクリックし、作業を終了してください。

おすすめ記事/資料はこちら

インテル® FPGA の開発フロー/FPGA トップページ

Quartus® ガイド - プログラミング・ファイルの生成と変換(Convert Programming Files)