アナログ・デバイセズの5G・ミリ波・レーダー開発プラットフォーム

ToFカメラでの測定原理

ToFカメラはレーザーなどの変調された光を発射し、それが対象物に反射して返ってくる光をキャプチャすることで深度を測定します。距離は、光が放出されてから反射光を受け取るまでの時間遅延Δtによって決定することができます。時間遅延は、カメラとオブジェクトの間の距離の2倍に比例します(往復)。

したがって、距離は深さd =(c×Δt)/ 2として推定できます。ここで、cは光速です。このように、ToFカメラを使うと2Dデータと必要な深度情報を測定することができます。

本記事ではアナログデバイセズ社のToFカメラモジュールの詳細を紹介します。

アプリケーションの開発を加速するToFカメラモジュール

DCC-RGBD1

アナログ・デバイセズ社が提供するアナログ・フロントエンド ADDI9036は、お客様のToFカメラアプリケーションの開発を加速します。

また、アナログ・デバイセズ社のアライアンス・パートナーである株式会社シーアイエス(以下CIS)は、ADDI9036を使用したToFカメラモジュール DCC-RGBD1を提供しています。そのToFカメラモジュール DCC-RGBD1と搭載デバイスについて、わかりやすく解説します!

DCC-RGBD1の製品特徴

YUV+Depthに対応

  • ToFにはVGA解像度のCCDセンサーを搭載
  • RGBにはQuad VGA解像度 Global Shutter方式のCMOSセンサーを採用
  • オンボードのFPGAを用い、YUV+ Depth情報を同期、出力

広範囲&高精度

  • WR (Wide Range)モードに対応 30cmから5mのシームレスな測距に対応
  • SN(Super Near)モードに対応 15cmから70cmに対応
  • WRモード:標準偏差率2.0%以下、SNモード:標準偏差率1.5%以下

小型・USB接続が可能

  • モジュールサイズ:WxHxD 55mmx50mmx 35mm
  • USB 3.0 microBコネクター搭載(給電非対応)

開発環境

  • Windows/Linux対応のSDK
  • Windowsベースで距離画像を簡易表示できるRGBDViewer

ROSドライバー パッケージ

  • 対応応OS:Ubuntu Linux
  • ROSドライバー:ROSバージョンKineticとMelodicに対応
  • ROS Kinetic:Ubuntu 16.04、Ubuntu 18.04
  • 深度・IR・カラー画像の取得
  • 深度・IR・カラー画像の取得
  • 処理結果をRVizで3D表示
  • パラメーター変更、ポイントクラウド処理、ノイズ除去、平面検出・除去、対象物点群抽出、座標算出


提供元:TORK(東京オープンソースロボティクス協会)より

プログラム可能なタイミングおよびVドライバーを搭載したCCD ToFシグナル・プロセッサー ADDI9036

ADDI9036はアナログ・フロントエンド、プログラマブル命令セット・アーキテクチャー・タイミング・ジェネレーター、7チャンネル・レーザー・ダイオード・ドライバー、7チャンネルHドライバー、16チャンネル垂直ドライバー(Vドライバー)を内蔵した高集積デバイスで、高精度なToF CCDカメラに最適な製品です。

 

ADDI9036は非常に高機能な製品のため、使いこなすためには相応の開発リソースが必要になります。また、ToFカメラ開発も専門のノウハウが必要とされますので、CISが提供するToFカメラモジュールはこれらの課題を解決します。

ToFカメラモジュールを使用したデモンストレーション動画

本記事で紹介しているToFカメラモジュールを実際に使用して、人との距離を測定したデモンストレーション動画です。

アプリケーション例

  • ロボット・ビジョン
  • ロジスティクス
  • AGV
  • 監視
  • メディカルケア

お問い合わせ / お見積もり

本記事では、ToFカメラアプリケーションの開発を加速するカメラモジュールと搭載デバイスについて解説しました。詳細を知りたいという方は、以下からお問い合わせください。

アナログ・デバイセズ メーカー情報Topへ

アナログ・デバイセズ メーカー情報Topに戻りたい方は以下をクリックしてください。