LTC7821 の特長

LTC7821はアナログ・デバイセズ社が提供する高効率なDC/DCコンバータです。

LTC7821は10V~72V(絶対最大定格 80V)の広い入力電圧で動作し、外付け部品で数十アンペアの電流と、0.9V~33.5V の出力電圧をコントロールできます。

LTC7821は、スイッチド・キャパシタ回路と降圧同期コントローラを統合した業界初の『ハイブリッド降圧同期コントローラ』です。

以下の3つの大きな特長があります。

1. アナログ・デバイセズ独自のソフトスイッチ機能搭載

ソフトスイッチングにより、EMI とMOSFET の負担を軽減できます。
 

2. わずか5mm×5mmのQFNパッケージ、小型で省スペース

中間バス電源として実装する為に自由度のある小型パッケージです。

3. 他にはない240Wクラスで高効率97%

240Wの絶縁電源を非絶縁化による小型ソリューションの検討に最適です。

基板上の実装面積を最大 50%に小型化

通常、48Vから、基板で使われる1.2Vや3.3Vなどに降圧するには、一旦5~12Vなどの中間電位に降圧してから、1.2Vや3.3Vに降圧するという2段階の手順が必要なため、どうしても基板サイズが大きくなる傾向にありました。

Article header library 127381 pic01  1
従来の構成

しかしLTC7821では、スイッチドキャパシタ回路と降圧同期コントローラを一つに統合した『ハイブリッド降圧同期コントローラ』で、中間電位への降圧と1.2Vや3.3Vなどへの降圧を一つの回路でできるので、実装面積を50%削減することができます。

Article header library 127381 pic02  1
スイッチドキャパシタ回路と降圧同期コントローラを『ハイブリッド降圧同期コントローラ』で一つに統合

電源高圧48Vから12V/20Aで高効率(97%)を実現

独自の『ハイブリッド降圧同期コントローラ』により、効率を損なうことなくスイッチング周波数を3倍以上に高めたことで実現しています。

高効率化は電力損失を抑えることのみならず、電力損失による発熱も抑えられるため、周辺回路への影響も少なくできるメリットがあります。

Article header library 127381 pic03  5
12V出力時の効率

さらに、スイッチング周波数を高くすることで、周辺部品のコンデンサやインダクタンスも小型化できるので、より一層の省スペース化が見込めます。

並列接続で高出力の用途に対応

複数のLTC7821を並列に接続して多相構成で動作させることができ、出力電流を倍増させることができます。これにより高出力のアプリケーションにおいても対応できます。

アプリケーション例

  • 中間バス・コンバータ
  • 高電流電力供給システム
  • テレコム(遠距離通信)、データ通信、ストレージ向け各種システム
  • 48V 自動車システム
Article header library 127381 pic04  1
アプリケーション例

製品概要

型  名 LTC7821
スペック
  • 入力電圧範囲:10V~72V、絶対最大定格80V
  • 出力電圧範囲:0.9V~33.5V
  • 500kHzで最大97%の効率
  • ソフトスイッチングによる低EMIとMOSFETストレス軽減
  • 並列接続による多相構成に対応
  • 入力電流検出と過電流保護
  • 32-Pin (5mm × 5mm) QFN



商品の購入はこちら

LTC7821

メーカーサイト/その他関連リンクはこちら

LT7821 製品情報
LT7821 データシート

お問い合わせ