特権アクセス管理再考 ~テレワーク時代の特権アクセス管理とは?~

近年、働き方改革やCOVID-19感染拡大防止等を目的としてテレワークを検討・導入した企業が急激に増加したのではないでしょうか。
新しい働き方が始まり、テレワークの導入は一過性のものではなく継続して利用されることが予想されます。今後もテレワークを利用するためには様々なサイバーリスクへ対応しておくことが求められ、特権IDを利用した作業に関してもリモート環境での利用を想定しこれまで以上にセキュアかつ柔軟な特権アクセス環境が求められます。

本記事では現在企業が直面しているであろう課題への対策として参考にしていただけるような3つのソリューションを動画にてご紹介いたします。(動画は各25分程度です)

  • 市場No.1の特権アクセスツール、CyberArkのテレワークニーズに対応した新ソリューション
  • 特権アクセス管理のトレンド
  • システム導入を成功させるためのフレームワーク

【市場No.1の特権アクセスツール、CyberArkの新ソリューション】テレワークニーズに対応した新ソリューション「CyberArk® Alero™」とは

デジタルトランスフォーメーション(DX)の潮流が高まる中、多くの企業がマルチクラウド環境が当たり前になりつつあり、特権アクセスは、最も価値のある資産へのゲートウェイとなっており、ほぼすべてのセキュリティ侵害で最大の原因となっています。 働き方改革やコロナウイルスの影響により従業員のテレワークが急速に進み、重要な運用タスクをさまざまな外部委託業者に依存しているため、社外からのリモートアクセスが飛躍的に増えてきています。 この様なリモートアクセスを安全に提供する新しい SaaS ベースのソリューション「CyberArk® Alero™」のご紹介をいたします。

テレワークニーズに対応した新ソリューション「CyberArk® Alero™」

【特権アクセス管理のトレンド】 テレワークにおけるセキュリティの最新動向と企業がこれから実施すべき対策

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、多くの企業でテレワークを導入しています。

システムの運用・保守業務等をテレワークで安全に実施するためには特権ID管理の強化が不可欠となり、社外からのアクセスを想定した特権ID管理の運用体制・アクセスポリシーを整備することが求められます。 そんな中、導入が拡大しているテレワークの現状を確認するとともに、セキュリティリスクおよび求められる対策について解説させていただきます。

テレワークにおけるセキュリティの最新動向と企業がこれから実施すべき対策

【システム導入を成功させるためのフレームワーク】システム導入成功の肝は構築準備フェーズにあり!~事例で学ぶ特権アクセス管理導入のベストプラクティス~

特権アクセス管理ソリューションの分野でリーダーのポジションに位置する「CyberArk PAS」。しかし、導入の仕方によっては期待した効果を得られない場合もございます。実際のユースケースをもとに特権アクセス管理システム導入を成功させるためのベストプラクティスをご紹介させていただきます。

システム導入を成功させるためのフレームワーク

動画の内容や製品、導入に関するご質問等がございましたらぜひ
下記までお問い合わせいただければと思います。