条件を指定して絞り込む

現在 3271 件がヒットしています。

メーカー

A

B

C

D

E

F

G

H

I

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z

Intel:Cyclone® V SoC にて QSPI ブートの構成で Linux を使用していますが、Watchdog Timer の Timeout 発生後の再起動時に以下のようなログが表示されます。原因を教えてください。

SoC FPGA

<ログメッセージ>
jffs2: Empty flash at 0xXXXXXXXX ends at 0xXXXXXXXX
jffs2: Empty flash at 0xXXXXXXXX ends at 0xXXXXXXXX
jffs2: Empty flash at 0xXXXXXXXX ends at 0xXXXXXXXX

jffs2: jffs2_scan_eraseblock(): Magic bitmask 0xXXXX not found at 0xXXXXXXXX: 0xXXXX instead
jffs2: jffs2_scan_eraseblock(): Magic bitmask 0xXXXX not found at 0xXXXXXXXX: 0xXXXX instead
jffs2: jffs2_scan_eraseblock(): Magic bitmask 0xXXXX not found at 0xXXXXXXXX: 0xXXXX instead

jffs2: Further such events for this erase block will not be printed


カテゴリ:SoC
ツール:-
デバイス:Cyclone® V


以下のページに jffs2 に関する FAQ が掲載されていますが、「JFFS2 generates messages, is there a problem?」のタイトルでご質問の内容が掲載されています。
http://www.linux-mtd.infradead.org/faq/jffs2.html

(抜粋)
JFFS2 generates messages, is there a problem?

JFFS2 adopts the philosophy of keeping the user completely appraised of what is going on.
This can catch out the unwary novice. The following messages can be moved to a higher log level once you are sure that they are benign.
Empty flash at 0xXXXXXXXX ends at 0xXXXXXXXX
This message is generated if a block of data is partially written. It is generally not a sign of any problem.


一例として、電源断等、Flash への書き込み途中で終了した場合に発生する旨の記載があります。


経験豊富なFAEが
無料でご相談を承ります。

特定製品の仕様からパーツの選定まで、当社のFAEが皆様のテクニカルなお悩みに無料で回答します。ぜひ、お気軽にご相談ください。