Netcope Technologies

ネットコープテクノロジーズ

ネットワークにおける FPGA の要求は高まっており、今や通信系のアプリケーションでは欠かせない役割を担っています。
仮想化や5G等のキーワードにより、今後はこれまで以上に早期の市場投入や高速通信の要求が高まると予想されます。
Netcope社は15年以上の FPGA 設計経験を生かし、ハードウェアを意識することなく FPGA の優位性を活かすことができるソリューションを提供します。

FPGA/CPLD/ASIC ソフトウェア ボード

主な製品

ハードウェア:NetcopeP4-200G2QL (FPGA NIC Card)

10G-200G まで幅広い帯域をサポートしており、評価/研究開発用途に最適なカードです。
※量産適用に関しては別途ご相談

●特長
・2xQSFP 28
・8x10G,2x40G,1x100G,2x100G
・PCI Express Gen 3 x16 + x16 low-profile
●設計方法
 P4 Compiler を使用した高位設計に対応
(RTL設計も可能ですがご相談ください)

主な製品

ソフトウェア:Netcope P4 Cloud Compiler

P4(Programing Protocol-independent Packet Processing)言語で FPGA を設計できる独自のクラウド・コンパイラで、 FPGA の知識が無い方でもハードウェアを意識することなく開発いただけます。
Netcope社の提供するクラウド上でコンパイルを行うため、コンパイル用のサーバーや、通常 FPGA を設計する際に必要なツールを別途ご用意いただく必要はありません。
また、従来の HDL 言語での FPGA 設計と比較して、大幅な記述量の削減、開発期間の短縮が可能であり、 開発コストの削減と早期市場投入を同時に実現できます。

主な製品

使用言語による開発工数の比較

弊社にて「IPv6」のデモを構築した際の使用言語ごとの設計工数を比較したところ、 P言語を使用するとHDLを使用した開発に比べ、設計期間は約10分の1、記述行数は約25分の1になり、大幅な設計工数の削減を実現できました。
※「IPv6」のデモをご覧になりたい方はお問い合わせください。

メーカー基本情報

Netcope
会社名 ネットコープテクノロジーズ(Netcope Technologies)
会社概要 ハイパフォーマンスなネットワークソリューションを実現するFPGA NICカードとP4言語で FPGA設計可能なコンパイラを提供しております。
下記のような方々におすすめいたします。
・ FPGA NICカードをすぐに評価したい
・ FPGA を使用してみたいが、ハードウェアを知る技術者がいないため困っている
・ 費用は抑えつつ、開発期間を短縮し素早く市場投入したい
Webサイト https://www.netcope.com/en

お問い合わせ先

株式会社マクニカ アルティマカンパニー

〒222-0033 横浜市港北区新横浜 2-8-12 Attend on Tower 2F

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

受付:平日 09:00~17:00