車載OS/車載マイコン向け ETAS社のHypervisor紹介ページ

製品概要

Lightweight Hypervisor "RTA-LWHVR"

ETAS社のHypervisorはECUを個々のパーティション、いわゆる仮想マシン(VM)に分割します。軽量で高速にアクセスできるHypervisorは車載ECUに搭載することを目的に開発され、特に仮想化ハードウェアを含まない車載マイクロコントローラーに最適です。

特徴

ETAS社のHypervisorは、1個のマイクロコントローラ上で複数の仮想マシンを個別かつ同時に実行可能です。各マシンは、アプリケーションをベアメタル、マシン自体のOS(RTA-OSなど)、さらにはフルAUTOSARスタック(RTA-CARなど)でも動作させることができます。また、各仮想マシンでハードウェアを抽象化するため、サプライヤーの各種ソフトウェアを最小限の調整作業で使用できます。

利点

自動車OEMは、ECUの数を減らして自動車の製造コストを削減することを目指していますが、Hypervisorは複数のECUから1つのECUにソフトウェアを統合しやすくなるため、この目的の達成が可能になります。

●各種サプライヤーが個別で同時にECUを開発

●個々のソフトウェアコンポーネントの統合作業を低減

●開発パートナー間の知的財産権を保護

●各ファンクションの干渉によるソフトウェアエラーを防止

●認証サポートにより、ソフトウェアの一部の変更を防止

また、ETAS社は、AUTOSARのニーズを車載マイクロコントローラー上で実現するため、Lightweight Hypervisor "RTA-LWHVR"を開発しました。

RTA-LWHVRの特徴

ETAS社のLightweight Hypervisorは、ハードウェア仮想化のサポートを必要とすることなく、Hypervisorの機能を利用することができます。そのため、RTA-LWHVRは広範なアプリケーションに対応できます。

メーカーページ

お問い合わせ

本製品に関してご質問などありましたら、以下よりお問い合わせください。

ETASメーカー情報TOPへ

ETAS メーカー情報Topに戻りたい方は以下をクリックしてください。