車載OS AUTOSAR Adaptive Middleware

製品概要

ETAS社は、AUTOSAR Adaptiveに準拠したECUを構築することに特化した製品を提供しています。

RTA-VRTE:ビークルコンピュータ向けのAUTOSARプラットフォームソフトウェアフレームワーク

ネットワーク化と自動運転を見据えた既存そして将来のE/Eアーキテクチャーでは、マイクロプロセッサーを搭載したビークルコンピュータが中心的な存在となります。そのE/Eアーキテクチャーを実現するには、安全で信頼できるミドルウェアを構築し、自動車メーカーやサービスプロバイダーがソフトウェアアプリケーションの機能開発に集中できる環境が必要となります。

そのミドルウェアにて、
車両のライフサイクル全体にわたる継続的で安全なアップデート機能や、異なる安全要件を持つクロスドメイン機能の柔軟で効率的な統合を図る必要がありますが、同時に安全性とセキュリティに対する極めて高い要求事項や、長寿命化に対応する車載ソフトウェアの保守性を担保する必要があります。

これらの課題を克服するため、ETAS社はAUTOSAR準拠のRTA-VRTE(Vehicle Runtime Environment)を提供しております。RTA-VRTEには、本格的なAUTOSAR Adaptiveスタック、開発者用SDK、および安全面、セキュリティ面、診断、永続性に関連した基本コンポーネントが含まれており、ETAS社はこれらをすべて1つにまとめてすぐに使用できる「スターターキット」の形でAWS Marketplaceで販売しております。

 

詳細はメーカーページをご覧ください。

お問い合わせ

本製品に関してご質問などありましたら、以下よりお問い合わせください。

ETASメーカー情報TOPへ

ETAS メーカー情報Topに戻りたい方は以下をクリックしてください。