車載OS AUTOSAR Classic Platform(RTA-CAR)

製品概要

ETAS社のRTA-CAR(Classic AUTOSAR)は、ECUソフトウェアを開発するための基本的なソフトウェアモジュールとツールを取り揃えております。

  • RTA-BSW:AUTOSARベーシックソフトウェア
  • RTA-RTE:AUTOSARランタイム環境ジェネレーター
  • RTA-OS:リアルタイムオペレーティングシステム(OS)

RTA-BSW:AUTOSARベーシックソフトウェア

RTA-BSWには、オペレーティングシステム(OS)、ランタイム環境、通信、メモリ、診断プロトコル、複合ドライバ、適合など、広範囲にわたるAUTOSARスタックが揃っており、これらのスタックが一体となりECU開発向けの完全なAUTOSAR R4.xプラットフォームを形成します。

また、RTA-BSWはASIL-DレベルまでのECUプロジェクトで使用することができ、ETAS社のESCRYPTセキュリティコンポーネントとの統合が可能です。

RTA-RTE:AUTOSARランタイム環境ジェネレーター

ETAS社のRTA-RTE(ランタイム環境)は、AUTOSAR準拠ECUソフトウェア用のランタイム環境(RTE)を提供します。関係するAUTOSAR、OSEK*/VDX、ISO 26262、およびMISRA C*規格の最新バージョンをサポートしています。

アプリケーションの要求事項に的確に合わせてランタイム環境を最適化し、あらゆる種類のコンパイラやターゲットハードウェアと親和性が高いので多種多様なECUプラットフォームで使用可能な、ISO:26262(ASIL-D)認証を取得したAUTOSARランタイム環境となります。

*OSEK(ドイツ語名“Offene Systeme und deren Schnittstellen für die Elektronik in Kraftfahrzeugen”または英語名"Open Systems and their Interfaces for Electronics in Motor Vehicles"の略)はAUTOSARの前身規格です。

*MISRA C(英国自動車関連ソフトウェアの業界団体Motor Industry Software Reliability AssociationによるC言語コーディングガイドライン)はCプログラミングの標準規格の1つです。プログラミング言語Cの言語サブセットを規定しています。

RTA-OS:リアルタイムオペレーティングシステム(OS)

ETAS社のRTA-OS(オペレーティングシステム)は、最高水準の安全要件(ISO:26262 ASIL-D)に対応する、リソースの使用を最小限に抑えるECUのためのリアルタイムOSです。関係するAUTOSAR、OSEK/VDX、ISO 26262、およびMISRA C規格の最新バージョンをサポートしています。

また、RTA-OSをRTA-RTE(AUTOSARランタイム環境ジェネレーター)およびRTA-BSW(AUTOSARベーシックソフトウェア)と組み合わせれば、AUTOSAR対応のランタイムプラットフォームを構築でき、このOSは非AUTOSAR環境でも同様に快適に使用可能です。

メーカーページ

お問い合わせ

本製品に関してご質問などありましたら、以下よりお問い合わせください。

ETASメーカー情報TOPへ

ETAS メーカー情報Topに戻りたい方は以下をクリックしてください。