VECU-BUILDERとは

VECU-BUILDERは、SIL(Software-in-Loop)セットアップで車載マイコンのソフトウェア検証と適合のために、仮想ECUをFMUとして生成するためのツールとなります。仮想化で中心的な役割を果たすのが仮想ECUとなり、これをデバッグ、可変テスト、実行速度用に設計された自動並列化のテストセットアップと組み合わせることにより、既存のハードウェアの制約に関係なく、シミュレーション環境内でソフトウェアの継続的インテグレーション(CI)が可能になります。

また、FMI 2.0 for Co-simulationインターフェ-スを使って、スタンドアロンで実行可能な仮想ECUを容易に作成できます。この標準化されたインターフェースにより、既存のテストツールチェーンへの統合や、OEMとサプライヤーの幅広いコラボレーションが可能になり、入力にはAUTOSAR準拠のソースコード、AUTOSAR非準拠のソースコード、さらにはPCバイナリーも利用できます。

製品概要

特長

  • Type 1、Type 2、Type 3の仮想ECUをFMUとして生成が可能
  • AUTOSAR Classicや非AUTOSARのソフトウェアにも対応
  • サプライヤーやパートナーとのコラボレーションの容易化に貢献

お客様の利点

  • テスト、デバッグ、実装のインクリメンタルなアプローチによりECU開発をスピードアップ
  • HiLなどハードウェアを多用するテストに依存せず、開発コスト削減に貢献
  • 既存のインフラストラクチャや独自の要件に柔軟に統合可能
  • vECUの各タイプに合わせたアプローチにより、お客様独自の成功基準を満たしたカスタマイズを実現
  • 国際的なチームによる継続的なコンサルティング、サポート、セキュリティテスト

お問い合わせ

本製品に関してご質問などありましたら、以下よりお問い合わせください。

ETASメーカー情報TOPへ

ETAS メーカー情報Topに戻りたい方は以下をクリックしてください。